セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

  • URLをシェアする

絞り込み

カテゴリ別ランキング

『仲谷 鳰、1年以内(ライトノベル、マンガ)』の電子書籍一覧

1~3件目/全3件

エンドブルー

著者
入間人間
イラスト
仲谷 鳰

671(税込)  

少女たちの別れと再会。鮮烈な想いが弾ける作品集。

 山中の小屋で陶芸に勤しむ岩谷カナは、一年前に知り合った新城雅と、町でちょいちょい会っている。カナは雅に膝枕をして世間話をするだけで、なぜ会おうと言われるのかと思っていたが、ある日、雅がカナのもとを訪ねて来て──。

 実家のお茶屋を継いで、このまま一生を終えるのも悪くないと思っていた矢先、わたしの前に現れたのは姪だった。高校生で兄の娘。そんな女の子がわたしの彼女になって、一緒に過ごしていると、昔の知り合いを連想する。鳥のような、でも飛びもしないで走ってばかりいる鳥のような彼女のことを──。

 少女たちの鮮烈な想いが弾ける作品集。

続きを読む

このぬくもりを君と呼ぶんだ

悠木りん
イラスト
仲谷 鳰

704(税込)  

繋いだ手のぬくもり。これはきっとリアルだ。

「この雨も、風も、空も全部。もうずっと昔に地上にあったものを再現してるだけ。ただのフェイクじゃん」

有機ディスプレイは偽物の空を映し、人工太陽の光が白々しく降り注ぐ地下都市『Polis-UK8』。この全てが人の手によって作られたフェイクタウンで生きる十六歳の少女・レニーは、周りに溢れるフェイクを嫌い、リアルな『何か』を探している。

そんなレニーが出会ったのは一人の少女・トーカ。サボリ魔で不良少女たるトーカに、レニーは特別な『何か』を感じ、一緒の時間を過ごすようになる。

ある日、レニーの前に空から謎の球体が降ってくる。まるで太陽のように真っ赤に燃えていた小さなそれを、レニーは『太陽の欠片』と名付け正体を探ろうとする。

一方その頃、トーカの方でも何やら変化が起こっていて、二人の日常は音を立てて崩れ始めていく―― 。

「きっと隣にレニーがいるから――こんな毎日なら、あたしは悪くないと思えるんだ」

いつかトーカが言った言葉。あれはフェイクだったの? それとも――。

第14回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作!
地下都市に生きる二人の少女のリアルとは――ガールミーツガールから動き出す、青春SFストーリー!

※「ガ報」付き!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

続きを読む

鏡像のM

著者
仲谷 鳰

440(税込)  

怪しい鏡を手に入れた秘封倶楽部の行く先は…?

蓮子が手に入れた怪しい鏡にはこの世とは違うどこかが映っていた。メリーとともに心霊スポットを巡っては鏡に映しているうちに、2人は奇妙な場所に迷い込む。そしてそこで待ち受けていたのは……。
秘封倶楽部の2人が行く、危険でいつも通りなサークル活動漫画です。

続きを読む

1~3件目/全3件

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本文の終わりです