セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

絞り込み

カテゴリ

ジャンル

もっと見る

レーベル

著者

もっと見る

出版社

価格

冊数

配信時期

その他

除外

『松本光司(マンガ)』の電子書籍一覧

1~8件目/全8件

予約

ヤングマガジン

南勝久
しげの秀一
おはなちゃん
福本伸行
原作
鴻上尚史
他 23人

シリーズ14冊  0円~352円(+税) シリーズ

巻頭カラー・連載200回目! 岡田准一主演の実写も超期待『ザ・ファブル』。アキラ&アザミに追いつめられた山岡の運命や如何にッ!? 巻中カラーは新連載『雪女と蟹を食う』。強盗と人妻の出会いが思わぬ方向へ‥‥。 さらに『喧嘩稼業』が連載再開! 芝原VS.上杉、決着近づく‥‥! 表紙&巻頭グラビアは、月9ドラマ出演中の岡崎紗絵! お待たせしました、ヤンマガ独占! 巻末グラビアはヤンマガ初登場の石上澪。このBODYは事件やで!!

続きを読む

松本光司

シリーズ18冊  各600円(+税) シリーズ

【『彼岸島』シリーズ第3弾】彼岸島で繰り広げられた吸血鬼との戦いに敗れた人間軍。雅の計画を阻止できず、日本は吸血鬼の国となってしまった。それから半年後、廃墟と化した日本で一人、吸血鬼と戦う隻腕の男がいた! その男の名は、宮本明。彼岸島で地獄を味わった戦士。

続きを読む

予約

彼岸島 超合本版(ヤングマガジン)

  • 完結
松本光司

シリーズ10冊  0円~3000円(+税) シリーズ

【『彼岸島』1~5巻を収録した超合本!※内容はコミックス発売当時と同様です。】鮮血のサスペンスホラー!!人をさらい、生き血を吸う村人が住む島。そこから生きて還ってきた者は誰もいない───。明の兄も2年前に連れ去られ、現在その島で一人、身を隠し生活している。そして明本人にもついに魔の手が忍び寄る。

続きを読む

松本光司

シリーズ6冊  各600円(+税) シリーズ

「みんなくだらないなァ」。進学高校に通う松崎潤(まつざき・じゅん)は、つまらない学校や友人達に退屈しきっていた。自分自身を変えようと、次第に女装にハマってゆく潤。だがある時、その現場を双子の美少女・絵衣子(えいこ)に盗撮され、ゆすられ……連れていかれたのは、一般の生徒には知られていない非公認の部「革命部(クーデタークラブ)」であった! 刺激と驚き、そして興奮に満ちた学園ストーリーが、今始まる!!

続きを読む

サオリ

松本光司

600円(+税)  (税込 648円) 

あなたの内に忘れられない少女はいますか? 「興奮する事など世の中にありゃしない」。世間に対して冷めた考えをもつ貧乏画家ナオキは、あるとき一人の美少女サオリと出会った。ナオキの部屋に転がりこんだサオリは、思わせぶりな態度でナオキの冷えた感情を揺さぶる。それは少女の無邪気さか、それとも悪魔の誘惑か!? そして次第にナオキの運命の歯車は狂いはじめる……!!

続きを読む

松本光司

シリーズ16冊  各600円(+税) シリーズ

【『彼岸島』シリーズ第2弾】人間と吸血鬼の戦争が始まった!日本が吸血鬼の島と化すまで残された時間は47日間。それまでに雅率いる吸血鬼軍を殲滅しなければならない。そんな矢先、島に新たな漂流者がやって来た。何も知らない新参者が大問題を起こす!!

続きを読む

彼岸島 兄貴編

松本光司

600円(+税)  (税込 648円) 

最強の外伝 ついに解禁!! 吸血鬼に最も恐れられ、非情な運命に翻弄された伝説の戦士・宮本篤(みやもとあつし)が復活! 吸血鬼によって最愛の女性を亡くし、雅(みやび)に復讐するためだけに生きた男が越えてきた死線には、幾多の悲しみと絶望があった……! 本編では語られることがなかった秘蔵のエピソードを収めた『彼岸島』初の外伝コミックス!! 松本光司の幻の処女作『彼女は笑う』も特別収録!!

続きを読む

松本光司

シリーズ33冊  各600円(+税) シリーズ

吸血鬼が棲む孤島、彼岸島(ひがんじま)――。踏み入れたら最後、再び生きて還ることはない……。大学に合格したばかりの宮本明(みやもと・あきら)の兄は、2年前に行方不明となっていた。実は彼は彼岸島へ連れ去られ、現在一人で身を隠し生活していたのだ。そんなある日、明の前に現れた謎の美女。彼女は行方不明の兄の免許証を持っていた。それは恐るべき島への誘い。そして……忌まわしき悪夢の幕が上がる――。戦慄(せんりつ)の吸血鬼サバイバルホラー!!

続きを読む

1~8件目/全8件

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら

ページ先頭へ

本文の終わりです