ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

はじめてのお客さまへ
電子書籍

3Dプリンタによるプロトタイピング

税込価格
2,640 (2,400円+消費税240円)
付与コイン
24 コイン

付与コイン24コインの内訳

会員ランク(今月ランクなし)
1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。

3Dプリンタで試作品を制作したい人に必読の書 !
試作品制作(プロトタイピング)のスピードアップやコストを安くする有用なツールとして、3Dプリンタは自社で活用の検討をする中小企業の注目度もますます高くなってきています。
本書は、中小企業をはじめ、3Dプリンタをプロトタイピングとして活用するときに、知っておかなければならない知識を解説したものです。造形方式から3Dデータの作り方、仕上がり精度、強度、塗装、また3Dプリンタによる金属の造形と今後の課題についてもふれています。巻末には事例集として、東京都立産業技術研究センターが技術支援した実製品を掲載し、各社実製品のニーズに適した3Dプリンタの活用を紹介しています。

はじめに
第1章 3Dプリンタを使うまでに知っておくべき基礎知識
1.1 3Dプリンタの位置づけ
1.2 立体物の定義
1.3 立体物の造形方法
 材料を刃物で切り出す方法(切削加工)
 材料を変形させる方法(塑性加工)
 流し込みで作る方法(鋳造加工)
 材料を砥石で削る方法(切削加工)
 材料を砥石材で磨いていく方法(研磨加工)
 積み重ねる方法
 組み合わせる方法
1.4 積層造形法
 3Dプリンターによる造形物は2Dの積み重ねの結果、
 3Dプリンタという名称について
 サポート
1.5 3Dプリンタに適した用途を見出してください
コラム 付加的製造法の歴史

第2章 3Dに必要な3Dデータ
2.1 3Dデータの作成方法
 コンピュータ上でのモデリング
 3Dスキャンによる方法
 3Dスキャナの読み取り方
 リバースエンジニアリング
2.2 3Dデータによる評価
 CAE
 CAT
2.3 3Dプリンターで使用するファイル形式
 STL
色情報を含むポリゴンデータ
 AMF
 その他のファイル形式
2.4 3Dスキャナは必要ですか

第3章 3Dプリンターの主な造形方法
3.1 積層の仕方によって変わること 
3.2 積層造形の分類
3.3 材料押出法
 造形原理
 方向による仕上がりの違い
3.4 バインダ噴射式
 造形原理
 方向による仕上がりの違い
3.5 材料噴射式
 造形原理
 方向による仕上がりの違い
3.6 光造形法 
 造形原理
 方向による仕上がりの違い
3.7 粉末焼結法
 実製品を作ることが可能な粉末焼結法
 粉末焼結法の長所と短所
 短所の抑制と実際の運用における工夫
 粉末焼結法の作業工程についてもう少し詳しく
 方向による仕上がりの違い
3.8 パラメータの設定や特徴を理解した上での利用を
コラム 強度の評価 方向性を考慮した造形を
コラム 材料噴射式で作成する複合材料

第4章 モデルへの塗装 
4.1 3Dプリンタで出力したモデルには、表面処理が必要
 平板試験片の作製および表面状態確認
 適正塗料の検討
4.2 下塗りから中塗りまでの塗装工程の検討
 外観を重視した上塗り工程の検討
 立体モデルへの塗装性の検討
コラム 表面形状と寸法精度の測定結果

第5章 金属モデルが作成可能な3Dプリンタとは
5.1 金属製品の成形方法
5.2 金型鋳造法と粉末冶金法
5.3 3Dプリンタによる金属の造形
 原材料は金属粉末
 レーザー方式と電子ビーム方式
 金属粉末による3Dプリンタで知っておくべきこと
5.4 従来の製造方法と比較した場合の課題
 通常の金属材料と同等の密度が得られるか
 表面性状を確保できるか
 製造コストをどう考えるか
5.5 金属用の3Dプリンタは製造装置として

事例集

おわりに
新規会員登録
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「3Dプリンタによるプロトタイピング」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
199

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2018/2/9
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
この作品を共有

「3Dプリンタによるプロトタイピング」シリーズ作品一覧(1冊)

2,640(税込)

3Dプリンタによるプロトタイピングのシリーズ詳細ページへ

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面
お得な情報