セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

ちどり亭にようこそ ~京都の小さなお弁当屋さん~

ちどり亭にようこそ ~京都の小さなお弁当屋さん~-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
十三湊
ジャンル
文芸
日本文学
レーベル
メディアワークス文庫
シリーズ
ちどり亭にようこそ(メディアワークス文庫)
出版社名
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
配信開始日
2016年08月25日
ページ概数
269 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

京都のお弁当屋を舞台に繰り広げられる美味しくて心温まる人情ドラマ!

ここは、昔ながらの家屋が残る姉小路通沿いに、こぢんまりと建っている仕出し&弁当屋「ちどり亭」。店主の花柚さんは二十代半ばの美しい人で、なぜか毎週お見合いをしている。いつも残念な結果に終わるらしいんだけど、どうしてなんだ? 「結婚したいんですか?」と尋ねると「お見合いがライフワークなの」と答える彼女。うーん、お茶目な人だ。そんな花柚さんが作る最高に美味しいお弁当は、とても人気で、花柚さんもバイトのぼくも毎日、朝から仕出しや弁当販売で大忙し。あ、いらっしゃいませ! どのお弁当にしますか?

(C)2016 MINATO TOSA

ちどり亭にようこそ(メディアワー... ( 2 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ちどり亭にようこそ ~京都の小さな...

610円(+税)

十三湊

メディアワークス文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ちどり亭にようこそ2 ~夏の終わり...

610円(+税)

十三湊

メディアワークス文庫

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
C.S.T.〈3〉 情報通信保安庁...

630円(+税)

十三湊

メディアワークス文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
C.S.T.〈2〉 情報通信保安庁...

590円(+税)

十三湊

メディアワークス文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
C.S.T. 情報通信保安庁警備部

570円(+税)

十三湊

メディアワークス文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ぼんくら陰陽師の鬼嫁 二

620円(+税)

秋田みやび/しのとうこ

富士見L文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
ライブダンジョン! 2 神竜人のギ...

1200円(+税)

dy冷凍/MikaPikazo

カドカワBOOKS

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ドイツ夫は牛丼屋の夢を見る

185円(+税) (06/01まで)

溝口シュテルツ真帆/なをこ

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
掟上今日子の旅行記

1250円(+税)

西尾維新/VOFAN

――

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
上倉家のあやかし同居人2 ~見習い...

630円(+税)

梅谷百

メディアワークス文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ちどり亭にようこそ ~京都の小さな...

610円(+税)

十三湊

メディアワークス文庫

価格
610円 (+税)
659円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:6コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
310 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ランキング

    日間

    ページ先頭へ

    本文の終わりです