セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

アイデアだけで1000万円! クラウドファンディングで資金調達!

アイデアだけで1000万円! クラウドファンディングで資金調達!-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
小田恭央
ジャンル
実用
レーベル
――
シリーズ
アイデアだけで1000万円! クラウドファンディングで資金調達!
出版社名
あさ出版
配信開始日
2016年08月20日
ページ概数
227 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

「ポテトサラダをつくります」のたったひと言で600万円、
電源付クーラーボックスを作るというアイデアで15億円が集まり、
さらには、あのオバマ大統領が大統領選の活動費を集めた……。
これ、すべて、クラウドファンディングで起きたことです。
はじめてこれらの話を聞いたとき、とても驚きました…。たったこれだけで? と。

その後、日本でもクラウドファンディングが徐々に活用され始め、
先日、話題となったエヴァンゲリオンのプロジェクトをはじめ、有名人、著名人も、どんどん活用していますし、 など普通の方が夢をつかむ場所となっています。

次は、あなたが本書のノウハウを使って大成功する番です。
ぜひ一緒に、この奇跡をがっちりつかみましょう!

■目次
・はじめに
・Chapter 1 アイデアだけで1億円も夢じゃない!? クラウドファンディングの仕組み
・Chapter 2 1000万円集めた成功例に学ぶ 失敗しない資金調達法8
・Chapter 3 クラウドファンディングを成功させる7つの法則
・Chapter 4 まずはシミュレーションで始める成功率100%のクラウドファンディング
・Chapter 5 効果的な宣伝・PR活動でファンを倍増!
・おわりに クラウドファンディングの未来

■著者 小田恭央

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1114 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
『この素晴らしい世界に祝福を!』×...

1000円(+税)

MF文庫J編集部

コミックキューン

NEW!

実用

  • Check!
  • カートに入れる
週刊 東京ウォーカー+ 2017年...

269円(+税)

TokyoWalker編集部

Walker

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週プレ2017年2月27日号No....

324円(+税)

週刊プレイボーイ編集部

週プレ

NEW!

実用

  • Check!
  • カートに入れる
週刊FLASH(フラッシュ) 20...

278円(+税)

週刊FLASH編集部

――

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘...

2500円(+税)

コンプティーク編集部

カドカワデジタルコミックス

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
FRIDAY (フライデー) 20...

389円(+税)

FRIDAY編集部

FRIDAY

NEW!

オトク!!

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
深愛

325円(+税) (02/23まで)

水樹奈々

幻冬舎文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
アイデアだけで1000万円! クラ...

1200円(+税)

小田恭央

――

価格
1200円 (+税)
1296円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:12コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
900 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです