ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • ファンタジア文庫大感謝祭2019 in BOOK☆WALKER
はじめてのお客さまへ
電子書籍

織田氏一族の群像

著者
川村一彦
税込価格
220 (200円+消費税20円)
付与コイン
2 コイン

付与コイン2コインの内訳

会員ランク(今月ランクなし)
1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
室町時代から戦国時代の武家。越前国丹生郡織田荘を発祥の地とする。「織田系図」などによると平重盛の孫親真を祖として、織田荘の剣神社の神官を継いで織田氏を称したとされる。しかし、平姓としたのは源平交替思想によるもので、本来は藤原姓である。小田氏は越前守護斯波氏に仕えるが、斯波義重が尾張守護を兼務すると尾張守護代になり、応永年間(1394~1428)に織田守護代となって尾張に赴いた。その後、斯波氏2派に分かれて戦うと織田氏も清州により、愛知・知多・海東・海西の尾張下4郡を領した織田敏定に始まる岩倉織田家に分かれて抗争をした。両織田家の抗争を自ら勢力を衰えさせた。このなかで清州織田家の三奉行の一人であった織田信秀が台頭して主家を凌ぐ勢いになった。その子織田信長は尾張を平定し、さらに諸国を平定し、さらに全国を統一し事業を進めるが天正10年(1582年)に本能寺の変で嫡子信忠とともに殺された。さらに信忠の子秀信が関ヶ原の戦いに西軍に属したために織田宗家は滅亡した。江戸時代には信長の次男信雄と弟の長益の子孫が大名として続いた。
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「織田氏一族の群像」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
167

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2019/9/18
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
この作品を共有

「群像」シリーズ作品一覧(60冊)

220円〜330(税込)

群像のシリーズ詳細ページへ

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面
お得な情報