ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

東大教授がおしえる 日本史をつかむ図鑑

監修
山本博文

あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

細かいことにこだわらず、本書を通読して日本史を大づかみ!

東大史料編纂所 山本博文教授が解説する歴史をつかむコツ
★ 古代から現代まで日本史を大きな流れでつかむ
★ イラストで解説しているから自然と頭に入りやすい
★ 通説をくつがえした学説がわかる

旧石器時代人はどんな生活を営んでいた?
縄文人はどんな生活をしていた?
邪馬台国はどこにある?
古墳はなんのためにつくられた?
聖徳太子は実在しないって本当?
蘇我氏は本当は悪者ではなかった?
「大化の改新」は本当はなかった?
なぜ古代朝廷は唐と戦った? 
古代史最大の内戦壬申の乱はなぜ起きた?
どうして聖武天皇は仏教を信仰した?
桓武天皇は怨霊を怖れて平安京を作ったって本当?
どうして武士が権力を握った?
なぜ源頼朝は鎌倉に幕府を開いた?
なぜ北条氏は将軍にならなかった?
モンゴル軍を退けたのは本当に「神風」? 
鎌倉幕府はなぜ滅亡した?
なぜ朝廷は南と北に分裂した?
信長は本当に革新的な人物だった?
関ヶ原の戦いで家康はなぜ勝てた?
家康はなぜ江戸に幕府を開いた?
江戸幕府はなぜ二百数十年も続いた?
江戸幕府はなぜキリスト教を弾圧した?
田沼意次の政策はなぜ「改革」と呼ばれない?
ペリーはなぜ日本へやってきた? 
なぜ井伊直弼は桜田門外で殺された?
なぜ徳川慶喜は大政奉還を行なった?
西郷隆盛はなぜ反乱を起こした?
なぜ日清・日露戦争で日本が勝利できた?
日本はどうして韓国を併合した?
日本はなぜ満洲国を承認した?
第二次世界大戦でなぜ日本は米国と戦った?
バブル経済はなぜ起きてどのように終わった?
(略)

~本書「はじめに」より~
 日本史を学びはじめたとき、人類の誕生や旧石器時代からの細かな事象を覚えていくと、なかなか日本史の全体像が理解できません。そのうち、なにが大切なのかもわからなくなり、日本史嫌いになる人も多いようです。また、現代まで学んだあとも、断片的な知識は頭に残っていても、日本史がどのようなものかがつかめていないと感じる人も多いようです。
 日本史を理解するうえで大切なのは、日本の歴史全体を大きくつかむことです。筆者は、かつて『歴史をつかむ技法』(新潮新書)でそのつかみかたのコツを書きましたが、本書では、イラストを交えてよりわかりやすくそのコツを示しました。
(略)
 大河ドラマで人気の時代は、戦国時代や幕末維新の激動の時代です。戦国時代では上杉謙信や武田信玄、織田信長など、幕末維新では坂本龍馬や西郷隆盛など人気の人物がたくさん出てきます。
 こうした人の生き方や考え方を知るのは、日本史を好きになるひとつの契機になりますから、自分が好きな時代から詳しく見ていくことも大切です。
 それに加えて、戦国時代は、なぜ各地の戦国大名たちが争っていたのか、そもそもどうして戦国大名という存在が誕生したのかを考えようとすると、日本史全体を理解することが重要になります。
 そのためには、室町時代の守護という存在を理解しなければなりませんし、応仁・文明の乱という争いが起きた原因を考えていくことが必要になります。そうしたことを細かく詰めていくことも大切で、本書でもイラストで理解できるようにしています。
 本書を読めば、いままでつかみきれないでいた日本史の全体像が自然と頭に入ってくると
思います。細かいことにこだわらず、何度も通読してもらえれば幸いです。

電子書籍
価格

1,650(税込)

1,500円 (+消費税150円)

付与コイン
15(*詳細)

作品情報

シリーズ
東大教授がおしえる 日本史をつかむ図鑑(二見書房)
著者
レーベル
――
出版社
二見書房
カテゴリ
実用
ページ概数
178
配信開始日
2021/10/1
底本発行日
2020/3/31
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「東大教授がおしえる 日本史をつかむ図鑑(二見書房)」シリーズ作品一覧(全1冊)

1,650(税込)

  • 実用 東大教授がおしえる 日本史をつかむ図鑑

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    細かいことにこだわらず、本書を通読して日本史を大づかみ!

    東大史料編纂所 山本博文教授が解説する歴史をつかむコツ
    ★ 古代から現代まで日本史を大きな流れでつかむ
    ★ イラストで解説しているから自然と頭に入りやすい
    ★ 通説をくつがえした学説がわかる

    旧石器時代人はどんな生活を営んでいた?
    縄文人はどんな生活をしていた?
    邪馬台国はどこにある?
    古墳はなんのためにつくられた?
    聖徳太子は実在しないって本当?
    蘇我氏は本当は悪者ではなかった?
    「大化の改新」は本当はなかった?
    なぜ古代朝廷は唐と戦った? 
    古代史最大の内戦壬申の乱はなぜ起きた?
    どうして聖武天皇は仏教を信仰した?
    桓武天皇は怨霊を怖れて平安京を作ったって本当?
    どうして武士が権力を握った?
    なぜ源頼朝は鎌倉に幕府を開いた?
    なぜ北条氏は将軍にならなかった?
    モンゴル軍を退けたのは本当に「神風」? 
    鎌倉幕府はなぜ滅亡した?
    なぜ朝廷は南と北に分裂した?
    信長は本当に革新的な人物だった?
    関ヶ原の戦いで家康はなぜ勝てた?
    家康はなぜ江戸に幕府を開いた?
    江戸幕府はなぜ二百数十年も続いた?
    江戸幕府はなぜキリスト教を弾圧した?
    田沼意次の政策はなぜ「改革」と呼ばれない?
    ペリーはなぜ日本へやってきた? 
    なぜ井伊直弼は桜田門外で殺された?
    なぜ徳川慶喜は大政奉還を行なった?
    西郷隆盛はなぜ反乱を起こした?
    なぜ日清・日露戦争で日本が勝利できた?
    日本はどうして韓国を併合した?
    日本はなぜ満洲国を承認した?
    第二次世界大戦でなぜ日本は米国と戦った?
    バブル経済はなぜ起きてどのように終わった?
    (略)

    ~本書「はじめに」より~
     日本史を学びはじめたとき、人類の誕生や旧石器時代からの細かな事象を覚えていくと、なかなか日本史の全体像が理解できません。そのうち、なにが大切なのかもわからなくなり、日本史嫌いになる人も多いようです。また、現代まで学んだあとも、断片的な知識は頭に残っていても、日本史がどのようなものかがつかめていないと感じる人も多いようです。
     日本史を理解するうえで大切なのは、日本の歴史全体を大きくつかむことです。筆者は、かつて『歴史をつかむ技法』(新潮新書)でそのつかみかたのコツを書きましたが、本書では、イラストを交えてよりわかりやすくそのコツを示しました。
    (略)
     大河ドラマで人気の時代は、戦国時代や幕末維新の激動の時代です。戦国時代では上杉謙信や武田信玄、織田信長など、幕末維新では坂本龍馬や西郷隆盛など人気の人物がたくさん出てきます。
     こうした人の生き方や考え方を知るのは、日本史を好きになるひとつの契機になりますから、自分が好きな時代から詳しく見ていくことも大切です。
     それに加えて、戦国時代は、なぜ各地の戦国大名たちが争っていたのか、そもそもどうして戦国大名という存在が誕生したのかを考えようとすると、日本史全体を理解することが重要になります。
     そのためには、室町時代の守護という存在を理解しなければなりませんし、応仁・文明の乱という争いが起きた原因を考えていくことが必要になります。そうしたことを細かく詰めていくことも大切で、本書でもイラストで理解できるようにしています。
     本書を読めば、いままでつかみきれないでいた日本史の全体像が自然と頭に入ってくると
    思います。細かいことにこだわらず、何度も通読してもらえれば幸いです。

    価格

    1,650(税込)

    1,500円 (+消費税150円)

おすすめ特集

付与コインの内訳

15コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「東大教授がおしえる 日本史をつかむ図鑑」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報