ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

はじめてのお客さまへ
電子書籍

日本郵政株は買いか!?―週刊東洋経済eビジネス新書No.140

価格
150円 150 (+税)
2018/6/28 23:59まで
獲得コイン
1 コイン

獲得コイン1コインの内訳

通常購入分
1コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
2015年11月4日、日本郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)が上場。3社とも初値は売り出し価格を大きく上回り、特にかんぽ生命は売り出し価格よりも約56%高い値を付けた。だが、これから買ってはたして儲かるのか? どれを買うべきでどれを買うべきではないか?
 日本郵政株について徹底検証する。

 本誌は『週刊東洋経済』2015年9月5日号掲載の24ページ分を電子化したものです。

●●目次●●
【日本郵政株】
数少ない成長企業!? 民営化で動きだした巨大不動産事業
【逓信病院】減らぬ病院部門の赤字。一部は民間病院へ譲渡
【郵便局】全国2・4万局に地域間格差も
【かんぽの宿、メルパルク】メルパルク黒字だが、かんぽの宿赤字続く
他社との協業が成長のカギ握る
【郵便事業】祖業の郵便事業は赤字
【物流事業】豪トール社買収し世界5強目指すが…
Interview慶応義塾大学総合政策学部教授●竹中平蔵「郵政民営化の流れは変わらない」
【かんぽ株】
「はじめのかんぽ」戻り率低いのに契約急増の謎
郵便局の保険窓販は不安だらけ
イチオシ商品が見当たらない
海外に活路開けなければ他社への売却も選択肢
【ゆうちょ株】
貸出できず、郵便局頼み。増益計画を立てられない
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「週刊東洋経済eビジネス新書(週刊東洋経済eビジネス新書)」シリーズ作品一覧(247冊)

100円〜700(+税)