ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍(マンガ)

お江戸残酷物語

漫画
藤田素子
価格
300円 300 (+税)
獲得コイン
3 コイン

獲得コイン3コインの内訳

通常購入分
3コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
町人たちが中心となり、独自の文化・芸術を花開かせた江戸時代。しかし、人々の間には幸福や充足だけではなく、どす黒い怨念も転がっていた。虚々実々を混ぜ合わせ、数多くの怪談話が作られたのもこの時代。藤田素子先生が江戸の怪異と人情をつづった連作短編集。<収録短編あらすじ> お針子として働く娘、お糸。ある日、針が縫いこまれたままの品物を渡そうとした咎で、同僚がきびしい体罰をうけた。本当は自分のミスだったのではないかと、お糸は怖れおののく。しばらくして同僚は身投げし、不気味な出来事が起きはじめた(「針地獄」)。重病の姉とともに、細々と暮らしていた娘、お美乃。お金が無いばかりに、とうとう姉は非業の死を遂げた。残されたかんざしは、お美乃の心と体に深くつきささる(死にかんざし)。人気の無い女芸人、お菊。解雇も時間の問題だったが、ある夜の興行で怪奇現象が起こり、そこから人気が出るようになった。ほくそ笑むお菊の前に、ファンを名乗る人物が現れて……(「血の恋文」)。

(C)藤田素子,オフィス漫

新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「お江戸残酷物語」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
186

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2016/7/12
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
最近見た作品

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面