セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

小説 進撃の巨人 反撃の狼煙

小説 進撃の巨人 反撃の狼煙-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

松田朱夏
原作
諫山創
脚本
渡辺雄介
ジャンル
文芸
男性向け
アニメ
映画
少年マンガ
レーベル
KCデラックス
シリーズ
進撃の巨人(KCデラックス)
出版社名
講談社
配信開始日
2015年11月09日
ページ概数
139 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

実写版映画「進撃の巨人」のスピンオフドラマ「進撃の巨人 反撃の狼煙」。そのドラマが、小説となって登場します。ハンジ篇では、ハンジの巨人研究の秘密にイズルがせまる。サシャ篇では、サシャの悲しき知られざる生い立ちが明らかになる。フクシとリル篇では、フクシとリルの思いが交錯して、激しいバトルへと発展する。映画では描かれなかった巨人を駆逐する「3つの鍵」とは、いったいなにか? 新たな進撃の世界を体感せよ!

(c)松田朱夏/諫山創/渡辺雄介/講談社

進撃の巨人(KCデラックス) ( 3 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説 映画 『進撃の巨人 ATTA...ライトノベル

500円(+税)

浅倉冬至/諫山創/渡辺雄介/町山智浩

KCデラックス

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説 映画 『進撃の巨人 ATTA...ライトノベル

500円(+税)

浅倉冬至/諫山創/渡辺雄介/町山智浩

KCデラックス

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説 進撃の巨人 反撃の狼煙

550円(+税)

松田朱夏/諫山創/渡辺雄介

KCデラックス

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説 映画 ピーチガール

550円(+税)

松田朱夏/上田美和/山岡潤平

講談社KK文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説 映画 溺れるナイフ

550円(+税)

松田朱夏/ジョージ朝倉/井土紀州/山戸結希

講談社KK文庫

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説 七つの大罪 ―外伝― 彼らが...ライトノベル

550円(+税)

松田朱夏/鈴木央

KCデラックス

ライトノベル

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説 七つの大罪 ―外伝― 昔日の...ライトノベル

550円(+税)

松田朱夏/鈴木央

KCデラックス

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説 七つの大罪 ―外伝― 七色の...

550円(+税)

松田朱夏/鈴木央

KCデラックス

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
進撃の巨人(21)マンガ

400円(+税)

諫山創

別冊少年マガジン

マンガ

  • Check!
  • カートに入れる
  • 限定特典
進撃の巨人(11)マンガ

400円(+税)

諫山創

別冊少年マガジン

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
進撃の巨人 悔いなき選択 リマスタ...マンガ

100円(+税)

駿河ヒカル/諫山創/砂阿久雁(ニトロプラス)/「進撃の巨人」製作委員会

ARIA

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説 進撃の巨人 反撃の狼煙

550円(+税)

松田朱夏/諫山創/渡辺雄介

KCデラックス

価格
550円 (+税)
594円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:5コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
250 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです