セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

世に棲む日日(一)

世に棲む日日(一)-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

司馬遼太郎
ジャンル
文芸
レーベル
文春文庫
シリーズ
世に棲む日日(文春文庫)
出版社名
文藝春秋
配信開始日
2016年06月24日
ページ概数
291 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

2015年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の主人公は久坂玄瑞の妻、文(ふみ)。文の兄であり玄瑞の師である吉田松陰こそ、『世に棲む日日』前半の中心人物です。「人間が人間に影響をあたえるということは、人間のどういう部分によるものかを、松陰において考えてみたかった。そして後半は、影響の受け手のひとりである高杉晋作という若者について書いた」(「文庫版あとがき」より)嘉永六(1853)年、ペリー率いる黒船が浦賀沖に姿を現して以来、攘夷か開国か、勤王か佐幕かをめぐり、国内には激しい政治闘争の嵐が吹き荒れていた。この時期、骨肉の抗争を経て倒幕への主動力となった長州藩には、その思想的原点に立つ松下村塾主宰・吉田松陰と、後継者たる高杉晋作がいた――。維新前夜の青春群像を活写した怒濤の歴史長編、ここに開幕。

「世に棲む日日(文春文庫)」シリーズ ( 4 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
世に棲む日日(一)

556円(+税)

司馬遼太郎

文春文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
世に棲む日日(四)

556円(+税)

司馬遼太郎

文春文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
世に棲む日日(二)

556円(+税)

司馬遼太郎

文春文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
世に棲む日日(三)

556円(+税)

司馬遼太郎

文春文庫

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
街道をゆく 23

550円(+税)

司馬遼太郎

朝日文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
街道をゆく 4

590円(+税)

司馬遼太郎

朝日文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
街道をゆく 2

590円(+税)

司馬遼太郎

朝日文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
街道をゆく 5

590円(+税)

司馬遼太郎

朝日文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
街道をゆく 25

610円(+税)

司馬遼太郎

朝日文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
街道をゆく 1

570円(+税)

司馬遼太郎

朝日文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
街道をゆく 22

800円(+税)

司馬遼太郎

朝日文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
街道をゆく 21

610円(+税)

司馬遼太郎

朝日新聞出版

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
世に棲む日日(一)

556円(+税)

司馬遼太郎

文春文庫

コインUPキャンペーン対象商品
価格
556円 (+税)
600円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら166コイン(※)
5 + 161コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
256 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです