ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

ラノベ

薬屋のひとりごと 11

日向夏
イラスト
しのとうこ

あらすじ・内容

シリーズ累計1250万部!! 謎が一気に明らかになる最新巻最速リリース。面白さ絶対保証。怒涛のクライマックスに刮目せよ!

戌西州を襲った大蝗害。

過去の蝗害を知る者は少なく、人々は混乱する。

西都や国境近くでも、食糧の強奪や暴動が頻繁に起きていた。

猫猫は何もできない自分を歯がゆく思いつつも、

できる限りのことをやっていた。

それは中央からの客人である壬氏も同様で、身の安全のためという

名目の軟禁生活を強いられながらも、蝗害を予見していたことで、

中央からの支援物資を早く受け取ることができた。

だが、その手柄は壬氏ではなく

西都の領主代行・玉鶯のものとして扱われてしまう。

手柄の横取りに猫猫は腹を立てるが、当の壬氏はどこ吹く風で、

皇弟という立場を最大限に利用して

戌西州への支援要請を行う。

また、物資が不足する中、

猫猫にさまざまな問題が火の粉となって降りかかる。

謎の腹痛に苦しむ玉鶯の孫娘。

変人軍師・羅漢が連れてきた棋聖と呼ばれる老人。

同僚の医官・天祐の奇行。

そして、消息不明だったあの人が帰ってくる?

一方、西都では皇弟に対する不満が高まっていく。

蝗害による飢えや病に苦しむ民衆は、

とうとう皇族である壬氏へ怒りの矛先を向けることに。

守り支えていたはずの民衆に恨まれてしまった壬氏の決断は?

不審な動きを続ける領主代行・玉鶯の狙いとは?

そして、猫猫は無事、危機を脱することができるのか?

*本商品にはドラマCDは付いておりません。

電子書籍 SALE コイン
価格

10/13 (木) 23:59まで

374(税込)

340円 (+消費税34円)

748円 (税込)

付与コイン

10/13 (木) 23:59まで

105(*詳細)

作品情報

シリーズ
薬屋のひとりごと(ヒーロー文庫)
著者
レーベル
ヒーロー文庫
出版社
主婦の友社
カテゴリ
ライトノベル
ページ概数
414
配信開始日
2021/4/30
底本発行日
2021/5/10
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ランキング

週間
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

ラノベ 薬屋のひとりごと 12 ドラマCD音源付き限定特装版

著: 日向夏

<ドラマCD出演キャスト>

悠木碧、櫻井孝宏、津田健次郎、松岡禎丞、広瀬裕也、内匠靖明、小林千晃、新田京助ほか。



<ドラマCD1 宮廷ボーイズトーク>

「何をやっているのですか?

羅半殿と馬閃さまに李白殿」

「陸孫殿、見ての通り……」

羅漢の執務室の前に集う、4人の男。

主の帰りを待ちながら、愚痴のこぼし合いが始まる。

やがてお茶談義から思わぬ方向に話が転がっていくのだが―――。



<ドラマCD2 魂の蝋燭>

ある日、壬氏と高順が持ち帰った一本の蝋燭。

死者の魂を呼び戻す力があると言われ、

高値で売り出されていたという。

眉唾ものと信じない猫猫だったが……。

「この蝋燭を使って死人が蘇ったとのことです」

高順の言葉が猫猫の好奇心に炎を灯す。



<書籍 薬屋のひとりごと12>

玉鶯は、蝗害は異民族のせいで起きたと憤る民を鎮める名目で、

砂欧に戦争を仕掛けようとしていた。

壬氏は戦を避けようと頭を悩ませていたが、

玉鶯の暗殺という思わぬ形で戦を回避することになる。

しかし、領主代行を失った西都の舵を取る者がいない。

壬氏は、いやいやながら西都の政務を執ることになった。

猫猫は、心身ともに疲弊する壬氏を気遣いながら、

怪我人や病人を診る日々を送っていた。

そんなある日、壬氏は、領主代行だった玉鶯の息子たちを、

西都のために後継者として政治を教え、育成してほしいと頼まれる。

しかし、玉鶯の長男・鴟梟はどうしようもない無頼漢であった。

他の二人も後継者教育を受けたことなどないことがわかり、

猫猫は頭を抱えてしまうのだが----。

価格

3,300(税込)

3,000円 (+消費税300円)

「薬屋のひとりごと(ヒーロー文庫)」シリーズ作品一覧(全13冊)

99円〜3,300(税込)

  • ラノベ 薬屋のひとりごと

    大陸の中央に位置する、とある大国。その皇帝のおひざ元に一人の娘がいた。
    名前は、猫猫(マオマオ)。
    花街で薬師をやっていたが現在とある事情にて後宮で下働き中である。
    そばかすだらけで、けして美人とはいえぬその娘は、分相応に何事もなく年季があけるのを待っていた。
    まかり間違っても帝が自分を“御手付き""にしない自信があったからだ。
    そんな中、帝の御子たちが皆短命であることを知る。
    今現在いる二人の御子もともに病で次第に弱っている話を聞いた猫猫は、興味本位でその原因を調べ始める。呪いなどあるわけないと言わんばかりに。
    美形の宦官・壬氏(ジンシ)は、猫猫を帝の寵妃の毒見役にする。
    人間には興味がないが、毒と薬の執着は異常、そんな花街育ちの薬師が巻き込まれる噂や事件。
    きれいな薔薇にはとげがある、女の園は毒だらけ、噂と陰謀事欠かず。
    壬氏からどんどん面倒事を押し付けられながらも、仕事をこなしていく猫猫。
    稀代の毒好き娘が今日も後宮内を駆け回る。

    SALE10/13 (木) 23:59まで

    コイン10/13 (木) 23:59まで

    価格

    99(税込)

    90円 (+消費税9円)

    638円 (税込)

  • ラノベ 薬屋のひとりごと 2

    後宮女官を解雇させられた猫猫(マオマオ)は、花街に戻ってきた。
    しかし、戻るや否や、今度は超美形の宦官壬氏(ジンシ)のお付として、外廷に出仕することになる。
    壬氏への嫉妬から他の官女たちにからまれ、倉庫の小火、官僚の食中毒、腕利き職人が残した不変な遺言の調査など奇妙な事故や事件が多発する。
    いろいろな事件が重なりあう中、それらはある一つのことに収束することを猫猫は知る。そこにはある人物の思惑があった。
    そしてそんな中、壬氏に付きまとう武官羅漢(ラカン)が現れる。変人として有名なこの男は、何かにつけて壬氏に問題を持ってくるようになる。
    それは、羅漢が古い緑青館の馴染みで猫猫をよく知っていたためであった。
    猫猫に対してただならぬ執着を持つ羅漢に対して、猫猫の態度は普段と少し違っていた。
    いつもの飄々とした雰囲気と違う猫猫を気づかい、羅漢から守ろうとする壬氏であるが――。
    羅漢の本当の狙いとは一体?
    型破りな薬屋の娘と超美形だがどこか残念な宦官、それに巻き込まれる人々。
    薬と毒、宮廷と花街、官と妓女、そして過去と現在が交わる中で、物語は紡がれていく。

    SALE10/13 (木) 23:59まで

    コイン10/13 (木) 23:59まで

    価格

    330(税込)

    300円 (+消費税30円)

    660円 (税込)

  • ラノベ 薬屋のひとりごと 3

    玉葉妃の妊娠により、再び後宮に戻ってきた猫猫(マオマオ)。
    皇帝の寵妃ということもあって、それは秘密厳守。
    しかし、女たちの腹の探り合いは日常茶飯事で、しかも、後宮内だけでなく外部からも怪しげな動きが見え隠れする。
    それとともに、後宮外では壬氏たちが隣国の特使の要求に頭を悩ませていた。
    特使たちは、数十年前にいたという妓女、それが見たいと無理難題を言ってきたのである。花街の事情に詳しい猫猫に相談を持ちかけてくるが、それは意外な人物であり――。
    猫猫はその美女にかわる絶世の美人を用意することとなる。
    茸中毒で死んだ妃、後宮内の廟の秘密、先帝がかかった呪い、その謎を解くにつれ、壬氏が宦官の枠を超えて扱われていることに猫猫は気が付く。
    そして、猫猫はその壬氏の願いで、後宮を出て北の避暑地へと同行することになる。そこで待っていたのは、腹に一物持った高官たちと再び壬氏の命を狙う者たちだった。
    猫猫たちは、無事、宮中に戻ることはできるのか!?

    SALE10/13 (木) 23:59まで

    コイン10/13 (木) 23:59まで

    価格

    341(税込)

    310円 (+消費税31円)

    682円 (税込)

  • ラノベ 薬屋のひとりごと 4

    壬氏が宦官ではないと知ってしまった猫猫。
    後宮内で皇帝以外のまともな男がいるのはご法度、それがばれないようにどきどきする毎日を過ごす。
    そんな中、友人の小蘭が後宮を出て行ったあとの就職先を探していることを知る。
    猫猫と子翠はそんな小蘭のために伝手を作るために後宮内の大浴場に向かう。
    その折、気弱な四夫人里樹妃が幽霊を見たという話を聞いてそれを解決すべく動き出す。
    一方、翡翠宮では玉葉妃の腹の子が逆子だとわかる。
    ろくな医官もいない後宮でこのまま逆子を産むことは命に関わると、
    猫猫は自分の養父である羅門を後宮に入れるよう提案するが新たな問題が浮上する。
    後宮内で今まで起きた事件、それらに法則があることに気が付いた猫猫はそれを調べようとして――拉致される。
    宮廷で長年黒く濁っていた澱(おり)、それは凝り固まり国を騒がす事態を起こす。

    SALE10/13 (木) 23:59まで

    コイン10/13 (木) 23:59まで

    価格

    341(税込)

    310円 (+消費税31円)

    682円 (税込)

  • ラノベ 薬屋のひとりごと 5

    子の一族の反乱がおさまり、宮廷では皇子が生まれたことで玉葉妃が正室になった。
    壬氏もまた、宦官ではなく皇弟として政を行うこととなる。
    一見、何事もなく平和におさまったかに見えたが、都にはすでに不穏な空気が漂っていた。
    猫猫はといえば、謎の毒菓子事件、蝗害への不安、紙の村の所有権問題……いつものごとく巻き込まれ、首を突っ込むことになる。
    また、壬氏からの命令で、玉葉后の故郷、西都へと向かうことになった。
    色とりどりの花たちが咲く舞踏会で何者かの陰謀が渦巻いていく。
    猫猫はその思惑を暴くことができるだろうか! ?

    SALE10/13 (木) 23:59まで

    コイン10/13 (木) 23:59まで

    価格

    330(税込)

    300円 (+消費税30円)

    660円 (税込)

おすすめ特集

付与コインの内訳

105コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

  • コインUPキャンペーン

    30%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「薬屋のひとりごと 11」評価・レビュー

評価

4.8
お得な情報