セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

俊寛マンガ

俊寛-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
瓜谷茜
ジャンル
マンガ
レーベル
――
出版社名
HEW
配信開始日
2016年09月16日
ページ概数
32 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

史実を脚色したお芝居のひとつ「俊寛」は、能や歌舞伎でよく上演されるもの。
舞台は、平清盛率いる平氏全盛の平安時代。清盛への反乱を企てた僧侶・俊寛が仲間とともに流された先の島で起こった事件を描いたものです。
特に歌舞伎では、俊寛が島の女性「千鳥」を都へ送るために、自分が身替わりとしてひとり島に残り、都へ向かう船を見送る。
という悲壮感あふれるラストシーンが有名なお話。

歌舞伎「俊寛」を何度も観る中で、著者は俊寛の壮絶な生き様に感動しつつも、「謎」があったという。
その「謎」を出発点に、独自の解釈で「俊寛」の物語を描いた絵巻。味わい深いイラストとともに著者ならではの視点で描かれる物語に要注目!

※電子書籍版「俊寛」は、著者が2016年1月に開催した展示会の絵巻を元に作成されたものです。

<著者プロフィール>
瓜谷 茜
1985年 スペイン・サラマンカ生まれ。幼少期に東京へ移住。
小学校1年生頃から地元の「絵画教室」に通い絵画に親しむ。
中学3年の時に、歌舞伎の舞台を観て自分の感覚に「しっくり」きて以来、他の伝統文化含め観劇を続けている。この頃から歌舞伎や文楽をモチーフに制作を始める。
2011年会社を退職後、EVAの名前でモデル活動を開始。ショーやスチールなどの仕事をする傍ら、イラスト作品をイベントや雑誌などに提供、個人制作を続けている。

(C)瓜谷茜/HEW

これもおすすめ! ( / )

NEW!

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
塩田先生と雨井ちゃん2マンガ

660円(+税)

なかとかくみこ

――

NEW!

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ストーリーな女たち女に嫌われる女 ...マンガ

600円(+税)

藤森治見/小林薫/あしだかおる/安武わたる/長崎さゆり/庭りか/樋口きしこ/さがわ蓮/渡辺やよい/石田るか/中村美幸

――

NEW!

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ロヂウラくらし 【フルカラー・電子...マンガ

666円(+税)

くちなし

――

NEW!

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
The Rising of the...マンガ

1134円(+税)

Aneko Yusagi

――

NEW!

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
会社で恥をかかないための言いまちが...マンガ

1200円(+税)

盛田 栄一/いのうえさきこ

――

NEW!

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
Nodame Cantabile ...マンガ

860円(+税)

Tomoko Ninomiya

――

NEW!

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
Princess Resurrec...マンガ

860円(+税)

Yasunori Mitsunaga

――

NEW!

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
The Seven Deadly ...マンガ

860円(+税)

Nakaba Suzuki

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
俊寛マンガ

500円(+税)

瓜谷茜

――

価格
500円 (+税)
540円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:5コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
200 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです