ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • 宝島社コイン40%還元キャンペーン
実用

大前研一と考える“「超高齢社会」の日本における「地方鉄道」と「農業」の生き残り戦略”【大前研一のケーススタディVol.26】

あらすじ・内容

ビジネス・ブレークスルー大学 実践!経営トレーニング

■BBT大学提供ケーススタディ書籍化シリーズ第26弾
BBT大学学長大前研一が「もしも自分が●●企業の経営者であればどうするか」、注目企業を分析・戦略提案します。
「企業の経営状況はどうか?どこに着目し、戦略はどう立案するか?」と、経営の見方をケーススタディを通じて学ぶことができます。
また、多様な業界を網羅したケースにより、各業界のビジネスモデルを学ぶという使い方も可能です。
本号では、社会の高齢化が急激に進む中、日本企業はいかなる戦略を持つべきか、2つのケーススタディを通じて解説します。
■もしも、あなたが「長野電鉄の社長」ならばどうするか?
長野県北部に展開する鉄道を中心に、様々な事業を展開する長野電鉄。沿線上に善光寺や志賀高原など多くの観光資源を抱えながらも、運輸事業は慢性的な赤字、レジャー事業は縮小を続けている。ターミナル駅を東急百貨店やJR系に占拠され商業施設からの収益を上げられないという現状において、成長するために取るべき道は?
■もしも、あなたが「富士通の社長」ならばどうするか?
農業従事者の減少と高齢化が続く中、農業の生産性向上の切り札として注目されるスマートアグリ。新しいビジネス領域ながら市場の将来性は高く、富士通を始め異業種からの参入が相次ぐが、障壁も多い。他社との競争が進む中、自社のスマートアグリを普及させるための戦略とは?
多くの起業家を送り出すBBT大学の目玉プログラムを追体験できる本シリーズを、経営を志すすべての人にお勧めします。
【目次】
│1│
はじめに
│2│
CaseStudy1 あなたが「長野電鉄の社長」ならばどうするか?
│3│
CaseStudy2 あなたが「富士通の社長」ならばどうするか?
│4│
本書収録ケーススタディについて

電子書籍
価格

660(税込)

600円 (+消費税60円)

付与コイン
6(*詳細)

作品情報

シリーズ
大前研一のケーススタディ(NextPublishing)
著者
レーベル
ビジネス・ブレークスルー大学出版(NextPublishing)
出版社
good.book(NextPublishing)
カテゴリ
実用
ページ概数
57
配信開始日
2016/12/16
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 大前研一と考える“「マツキヨ」「ドンキ」事例で見る小売業の差別化戦略”【大前研一のケーススタディVol.30】

監修: 大前研一

■BBT大学提供ケーススタディ書籍化シリーズ第30弾
BBT大学学長大前研一が「もしも自分が●●企業の経営者であればどうするか」、注目企業を分析・戦略提案します。
「企業の経営状況はどうか?どこに着目し、戦略はどう立案するか?」と、経営の見方をケーススタディを通じて学ぶことができます。また、多様な業界を網羅したケースにより、各業界のビジネスモデルを学ぶという使い方も可能です。
本号では、競争が激化する小売業界において、トップシェア企業がさらなる成長を目指すために取るべき戦略を、2つのケーススタディを通じて解説します。
■もしも、あなたが「マツモトキヨシホールディングスの社長」ならばどうするか?
ドラッグストア最大手のマツモトキヨシは、首都圏を中心に展開し、充実した品揃えを武器に国内首位に位置してきた。しかし実質的にはイオングループに追い抜かれており、他の小売業態との競争も激化している。国内市場の成長が鈍化する中、取るべき戦略とは?・ドラッグストア業態はコンビニ・通販と並び、小売市場を牽引
・進む業界再編と寡占化
・ドラッグストア業界地図(ハピコム・マツキヨ・他)
・チェーン別の出店戦略/商品戦略
・鈍化するドラッグストア市場の成長
⇒今、必要な2つの戦略とは?
■もしも、あなたが「ドンキホーテホールディングスの社長」ならばどうするか?
国内トップの総合ディスカウントストア、ドン・キホーテ。独自のビジネスモデルにより、1号店の出店から連続して増収増益をあげ、現在も競合他社を大きく引き離すスピードで成長している。しかし専門小売業との激しい競争にさらされ、地方の競合企業も多数ひしめく。さらなる成長を目指すためには何をすべきか?
・国内最大手総合ディスカウント、3つの成長要因
・インバウンド需要を取り込む業態
・都市とは異なる地方展開の鍵となる商材
⇒同業/新たな競合との競争の中でさらなる成長に必要な、その特徴を活かした戦略とは?
【目次】
│1│
はじめに
│2│
CaseStudy1 あなたが「マツモトキヨシホールディングスの社長」ならばどうするか?
│3│
CaseStudy2 あなたが「ドンキホーテホールディングスの社長」ならばどうするか?
│4│
本書収録ケーススタディについて

価格

660(税込)

600円 (+消費税60円)

「大前研一のケーススタディ(NextPublishing)」シリーズ作品一覧(全9冊)

660(税込)

  • 実用 大前研一と考える人が減り続ける日本の「葬送」業界「教育・塾」業界【大前研一のケーススタディVol.22】

    ■BBT大学提供ケーススタディ書籍化シリーズ第22弾
    BBT大学学長大前研一が「もしも自分が●●企業の経営者であればどうするか」、注目企業を分析・戦略提案します。
    「企業の経営状況はどうか?どこに着目し、戦略はどう立案するか?」と、経営の見方をケーススタディを通じて学ぶことができます。
    また、多様な業界を網羅したケースにより、各業界のビジネスモデルを学ぶという使い方も可能です。
    ■もしも、あなたが「ナガセの社長」ならばどうするか?
    東進ハイスクールをはじめ数多くの予備校・学習塾を経営するナガセ。集団指導から映像授業へといち早く転換して成功し、経営強化や多角化により業績は右肩上がりで推移しているが、少子化により小・中・高の学生数は減り続けている。大手予備校や通信教育・出版大手による業界再編が活発化するなか、今後も成長を続けるためにはどうすべきか?
    ■もしも、あなたが「燦ホールディングスの社長」ならばどうするか?
    日本最大の葬儀専門会社、燦ホールディングス。死亡者数の増加により葬儀市場は今後も拡大が見込まれている一方、新興企業や異業種の参入により競争は激化している。葬儀の簡素化・多様化・低価格化が進み、大規模で高価格の葬儀を得意とする燦ホールディングスには逆風が吹く現状において、成長のために取るべき戦略とは?
    多くの起業家を送り出すBBT大学の目玉プログラムを追体験できる本シリーズを、経営を志すすべての人にお勧めします。
    【目次】
    │1│
    はじめに
    │2│
    CaseStudy1 あなたが「ナガセの社長」ならばどうするか?
    │3│
    CaseStudy2 あなたが「燦ホールディングスの社長」ならばどうするか?
    │4│
    本書収録ケーススタディについて

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • 実用 大前研一と考える秩序再編に揺れる世界の「国家の生存」戦略「企業の成長」戦略【大前研一のケーススタディVol.23】

    ■BBT大学提供ケーススタディ書籍化シリーズ第23弾
    BBT大学学長大前研一が「もしも自分が●●企業の経営者であればどうするか」、注目企業を分析・戦略提案します。
    「企業の経営状況はどうか?どこに着目し、戦略はどう立案するか?」と、経営の見方をケーススタディを通じて学ぶことができます。
    また、多様な業界を網羅したケースにより、各業界のビジネスモデルを学ぶという使い方も可能です。
    ■もしも、あなたが「次期イギリス首相」ならばどうするか?
    第二次世界大戦後、低迷していたイギリス経済がここまで持ち直したのは、EUに加盟しながら通貨や移動の独立性を保ち、対内投資の呼び込みに成功したことが大きな要因である。ドイツをはじめとするEU加盟国は、イギリスに対しEU離脱後はこれまでのような「いいとこ取り」は許さないという厳しい姿勢を明らかにしている。このような状況にあって、国家の生存をかけて今後いかにして経済成長を続けるか?
    ■もしも、あなたが「メディアテックの会長」ならばどうするか?
    半導体設計のファブレスメーカーとして知られるメディアテック。スマートフォン向けアプリケーションプロセッサーは世界3位、中国市場においてはトップシェアを占める。しかし、2015年12月期連結決算は純利益が前期比45パーセント減少。これまでのビジネスモデルに競合が追随し主力の中国市場の成長鈍化や価格競争が起こる中で、次なる成長戦略は?
    多くの起業家を送り出すBBT大学の目玉プログラムを追体験できる本シリーズを、経営を志すすべての人にお勧めします。
    【目次】
    │1│
    はじめに
    │2│
    CaseStudy1 あなたが「次期イギリス首相」ならばどうするか?
    │3│
    CaseStudy2 あなたが「メディアテックの会長」ならばどうするか?
    │4│
    本書収録ケーススタディについて

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • 実用 大前研一と考える“EC市場の急成長の中日本企業は「アマゾン」といかに付き合うべきか”【大前研一のケーススタディVol.24】

    ■BBT大学提供ケーススタディ書籍化シリーズ第24弾
    BBT大学学長大前研一が「もしも自分が●●企業の経営者であればどうするか」、注目企業を分析・戦略提案します。
    「企業の経営状況はどうか?どこに着目し、戦略はどう立案するか?」と、経営の見方をケーススタディを通じて学ぶことができます。
    また、多様な業界を網羅したケースにより、各業界のビジネスモデルを学ぶという使い方も可能です。
    本号では、アマゾンをはじめとするEC企業が急成長を遂げる中、日本企業は販売・物流についていかなる戦略を持つべきか、2つのケーススタディを通じて解説します。
    ■もしも、あなたが「MonotaROの社長」ならばどうするか?
    事業者向けに工場・工事用間接資材の通信販売事業を展開するMonotaRO。900万点という膨大な取扱商品点数を武器に、主に中小企業を顧客として年率70%超と急成長を続けている。しかし、大企業の需要を取り込めていないため、売上高は市場全体の1%以下に留まる。対面販売を中心としてきた大手の通信販売事業への参入や、競合他社の通販拡充が進む中、打つべき手は?
    ■もしも、あなたが「SGホールディングスの社長」ならばどうするか?
    佐川急便を中核とする物流企業グループのSGホールディングス。ヤマト運輸と市場を二分する国内第2位の宅配便大手でありながら、配送能力の不足を外注で補っているため、宅配便需要が増すほど利益率が悪化するという問題を内包する。宅配事業依存からの脱却のため企業間物流の強化を進めるが、メーカーの物流部門売却により企業物流業務の受託競争が活発化する現状において、取るべき戦略とは?
    多くの起業家を送り出すBBT大学の目玉プログラムを追体験できる本シリーズを、経営を志すすべての人にお勧めします。
    【目次】
    │1│
    はじめに
    │2│
    CaseStudy1 あなたが「MonotaROの社長」ならばどうするか?
    │3│
    CaseStudy2 あなたが「SGホールディングスの社長」ならばどうするか?
    │4│
    本書収録ケーススタディについて

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • 実用 大前研一と考える“「シネコン」と「外食」モノが売れない時代のレジャー産業の挑戦”【大前研一のケーススタディVol.25】

    ■BBT大学提供ケーススタディ書籍化シリーズ第25弾
    BBT大学学長大前研一が「もしも自分が●●企業の経営者であればどうするか」、注目企業を分析・戦略提案します。
    「企業の経営状況はどうか?どこに着目し、戦略はどう立案するか?」と、経営の見方をケーススタディを通じて学ぶことができます。
    また、多様な業界を網羅したケースにより、各業界のビジネスモデルを学ぶという使い方も可能です。
    本号では、レジャーへの消費が減り続ける中、日本企業はいかなる戦略を持つべきか、2つのケーススタディを通じて解説します。
    ■もしも、あなたが「イオンエンターテイメントの社長」ならばどうするか?
    国内最多の劇場数とスクリーン数を誇る映画興行会社イオンエンターテイメント。シネマコンプレックスの登場により効率的な映画興行が可能となり、1990年代に過去最低となった観客動員数も回復傾向にあるが、ピーク時の10分の1ほどに留まる。年間の平均座席利用率が約20%という状況の中、業績を伸ばすための戦略とは?
    ■もしも、あなたが「グローバルダイニングの社長」ならばどうするか?
    「エンターテイメントとしての食事」というコンセプトを掲げ、「ラ・ボエム」「モンスーンカフェ」「権八」といった非日常性の高い内装のレストランを展開するグローバルダイニング。2002年には店舗の1つが日米首脳会談の舞台となり一世を風靡したが、業績は悪化の一途をたどっている。同社が、その輝きを取り戻すためには何をすべきか?
    多くの起業家を送り出すBBT大学の目玉プログラムを追体験できる本シリーズを、経営を志すすべての人にお勧めします。
    【目次】
    │1│
    はじめに
    │2│
    CaseStudy1 あなたが「イオンエンターテイメントの社長」ならばどうするか?
    │3│
    CaseStudy2 あなたが「グローバルダイニングの社長」ならばどうするか?
    │4│
    本書収録ケーススタディについて

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • 実用 大前研一と考える“「超高齢社会」の日本における「地方鉄道」と「農業」の生き残り戦略”【大前研一のケーススタディVol.26】

    ■BBT大学提供ケーススタディ書籍化シリーズ第26弾
    BBT大学学長大前研一が「もしも自分が●●企業の経営者であればどうするか」、注目企業を分析・戦略提案します。
    「企業の経営状況はどうか?どこに着目し、戦略はどう立案するか?」と、経営の見方をケーススタディを通じて学ぶことができます。
    また、多様な業界を網羅したケースにより、各業界のビジネスモデルを学ぶという使い方も可能です。
    本号では、社会の高齢化が急激に進む中、日本企業はいかなる戦略を持つべきか、2つのケーススタディを通じて解説します。
    ■もしも、あなたが「長野電鉄の社長」ならばどうするか?
    長野県北部に展開する鉄道を中心に、様々な事業を展開する長野電鉄。沿線上に善光寺や志賀高原など多くの観光資源を抱えながらも、運輸事業は慢性的な赤字、レジャー事業は縮小を続けている。ターミナル駅を東急百貨店やJR系に占拠され商業施設からの収益を上げられないという現状において、成長するために取るべき道は?
    ■もしも、あなたが「富士通の社長」ならばどうするか?
    農業従事者の減少と高齢化が続く中、農業の生産性向上の切り札として注目されるスマートアグリ。新しいビジネス領域ながら市場の将来性は高く、富士通を始め異業種からの参入が相次ぐが、障壁も多い。他社との競争が進む中、自社のスマートアグリを普及させるための戦略とは?
    多くの起業家を送り出すBBT大学の目玉プログラムを追体験できる本シリーズを、経営を志すすべての人にお勧めします。
    【目次】
    │1│
    はじめに
    │2│
    CaseStudy1 あなたが「長野電鉄の社長」ならばどうするか?
    │3│
    CaseStudy2 あなたが「富士通の社長」ならばどうするか?
    │4│
    本書収録ケーススタディについて

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • 1
  • 2

付与コインの内訳

6コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「大前研一と考える“「超高齢社会」の日本における「地方鉄道」と「農業」の生き残り戦略”【大前研一のケーススタディVol.26】」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報