セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

エルサレムから来た悪魔 下

エルサレムから来た悪魔 下-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

アリアナ・フランクリン
訳者
吉澤康子
ジャンル
文芸
推理
レーベル
創元推理文庫
シリーズ
女医アデリアシリーズ(創元推理文庫)
出版社名
東京創元社
配信開始日
2015年06月19日
ページ概数
294 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

ケンブリッジの町で相次ぐ子ども殺しを解決し、ユダヤ人への迫害を食い止めるべくシチリア王国からやってきた、検死を専門とする女医アデリアと敏腕調査官シモンの一行。勝手の違う生活と人々の反応に戸惑いつつも、彼らは着実に真犯人へと迫っていた。だが、犯人からの残忍な一撃が一行を襲う。失ったものの大きさに打ちひしがれるアデリアだが、真相解明のためにふたたび立ち上がる。巡礼の一行にまぎれていた忌むべき殺人者を、白日のもとに引きずり出すために。12世紀イングランドの息づかいを伝える、CWA最優秀歴史ミステリ賞受賞作。

(c)吉澤康子/東京創元社

女医アデリアシリーズ(創元推理文... ( 4 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
エルサレムから来た悪魔 上

787円(+税)

アリアナ・フランクリン/吉澤康子

創元推理文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
エルサレムから来た悪魔 下

787円(+税)

アリアナ・フランクリン/吉澤康子

創元推理文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ロザムンドの死の迷宮

1389円(+税)

アリアナ・フランクリン/吉澤康子

創元推理文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
アーサー王の墓所の夢

1111円(+税)

アリアナ・フランクリン/吉澤康子

創元推理文庫

これもおすすめ! ( / )

予約

コインUP

コードネーム・ヴェリティ

3/31(金)配信予定

エリザベス・ウェイン/吉澤康子

創元推理文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ケチャップ・シンドローム

760円(+税)

アナベル・ピッチャー/吉澤康子

ハヤカワ・ミステリ文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
もうひとりのタイピスト

1759円(+税)

スーザン・リンデル/吉澤康子

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
レジェンド8

1200円(+税)

神無月紅/夕薙

カドカワBOOKS

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
D坂の美少年

630円(+税)

西尾維新/キナコ

講談社タイガ

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
紅霞後宮物語 第五幕

600円(+税)

雪村花菜/桐矢 隆

富士見L文庫

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
霊感検定 心霊アイドルの憂鬱

448円(+税) (03/30まで)

織守きょうや

講談社文庫

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
美少年探偵団 きみだけに光かがやく...

462円(+税) (04/07まで)

西尾維新

講談社タイガ

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
エルサレムから来た悪魔 下

787円(+税)

アリアナ・フランクリン/吉澤康子

創元推理文庫

価格
787円 (+税)
850円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:7コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
487 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです