ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

HTML5+NW.jsで同人ゲームを作る基礎知識 for Windows

著者
柳井政和

あらすじ・内容

Web技術で同人ゲームを作るノウハウ本

著者は、HTML5+NW.jsで同人ゲームを多数作成しました。そこで、NW.jsで同人ゲームを作るための基礎知識の本を書きました。

NW.jsは、JavaScriptの実行環境node.jsと、ブラウザのレンダリングエンジンWebKitが合体したものです。ファイルアクセスなどのローカルの処理をnode.jsのavaScriptで、表示はHTML内のJavaScriptで行えます。

NW.jsの環境には、色々と癖があり、それをあらかじめ知っておけば、面倒な試行錯誤をしなくても、ゲームを作ることができます。

各種バッチファイルや、リソース読み込みの関数などは、全てソースコード付きです。

配布用実行ファイルを、自動作成するバッチファイルも掲載しています。また、サウンド関係は、BGMの管理やSEの同時発音などを可能にしたライブラリにしており、そのまま使えます。

第1章 NW.jsについて
 ・ NW.jsとは
 ・ ドキュメント
 ・ 開発環境を作る
第2章 アプリの構成とファイル
 ・ ディレクトリ構成
 ・ package.jsonの作成
 ・ プログラムの実行
第3章 配布用実行ファイル
 ・ exeの仕組み
 ・ exeの作成
第4章 WebとNW.jsの処理の分岐
 ・ 環境判定用コード
第5章 カレントディレクトリ
 ・ 開発環境と本番環境の違い
 ・ 違いを吸収する処理
 ・ パスの解決
第6章 ファイル操作
 ・ テキスト読み込み 同期
 ・ テキスト書き込み 同期
 ・ ファイル削除 同期
 ・ 実行 同期
第7章 リソースの読み込みと利用
 ・ 全体の構成
 ・ 画像
 ・ Webフォント
 ・ サウンド

電子書籍
価格

330(税込)

300円 (+消費税30円)

付与コイン
3(*詳細)

作品情報

シリーズ
るてんのプチ技術書
著者
レーベル
柳井政和
出版社
柳井政和
カテゴリ
実用
ページ概数
50
配信開始日
2017/11/1
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 サンプルコードで学ぶ Node.js Webスクレイピング

著者: 柳井政和

『Node.js』の導入から、Webスクレイピングの実施まで、サンプルコードを中心に学ぶ本です。

『Node.js』の開発環境の構築、nodeやnpmのコマンドの習得、プロジェクトの作成から始めて、モジュールの利用や作成、ファイルのダウンロードや保存、HTMLのパース、Webブラウザの操作までおこないます。

この本では、以下の知識をまとめています。

・『Node.js』の開発環境の構築。
・「node」や「npm」コマンドの利用方法。
・JavaScriptの駆け足での基礎知識。
・コア モジュール、npmモジュール、自作モジュール。
・require、importの利用。
・「node-fetch」「jsdom」を利用したファイルのダウンロードやHTMLのパース。
・「Puppeteer」を利用したWebブラウザの操作や情報の取得。

サンプルコードもダウンロードすることができます。

目次は、以下の内容になります。

- 目次 -

前書き
第1章 前提知識と開発環境の構築
第2章 nodeコマンドとnpmコマンド
第3章 プロジェクトの作成と実行
第4章 JavaScript速習
第5章 コア モジュールとnpmモジュール
第6章 シンプルなアプリケーションの作成
第7章 fsモジュールとpathモジュール
第8章 自作モジュール
第9章 ダウンロードとパース
第10章 Puppeteerを利用したスクレイピング
第11章 Puppeteerを利用したフォーム操作
後書き

価格

1,100(税込)

1,000円 (+消費税100円)

「るてんのプチ技術書」シリーズ作品一覧(全18冊)

330円〜1,980(税込)

  • 実用 ARToolKitを使わずにARマーカーの認識をフルスクラッチで作る方法

    Javaで「NyARToolKit」互換のARマーカー認識プログラムを、フルスクラッチで書いた時のレポートです。

     入力画像からマーカーを検出して、3D上に配置するまでのアルゴリズムを解説しています。

     ARマーカーを認識する基本的な処理の流れとともに、その処理の内容を、文章と図で説明しています。

    -目次-

    ● はじめに
      AR マーカー
      ARToolKit
      独自ARマーカー認識プログラム開発の経緯
      独自ARマーカー
    ● アルゴリズムの大枠
      はじめに
      処理の流れ
      用語解説
    ● プログラムを書く前に
      GC対策
      オブジェクトの参照
      ループの判定内で計算を行わない
      キャストを避ける
      配列のコピーには、System.arraycopyを使う
      その他細かな無駄を省く
    ● 画像の加工
      ガウス・フィルタ
      2値化
      ラベリング
      ラベルの排除
      ラベルに付随して記録する値
      通常のARマーカーを認識する方法
    ● パターン認識
      ラベルのソート
      パターン形成
      4×4の行列を符号化
    ● 空間認識
      はじめに
      モデル・ビューのX軸、Y軸、Z軸を計算
      Z方向の移動量を計算
      X、Y方向の移動量を計算
      モデル・ビューの行列を生成
    ● 終わりに

    価格

    330(税込)

    300円 (+消費税30円)

  • 実用 JavaScript:特殊コードゴルフ マニアクス

    「+や%の演算子が使えない」「if文が使えない」「Mathが使えない」「数字や文字列が使えない」。そんな過酷な環境でのベストプラクティス。

     コードゴルフは、コードを短く書く遊びです。ショートコーディングとも呼びます。

     この本は、禁止文字付きコードゴルフを1年以上出題して、その解答ノウハウをまとめたものです。

     以下、詳細です。

     「CodeIQ」というサイトで出題してきた、特殊なコードゴルフ「ダンジョン問題」の解答ノウハウをまとめました。

     「ダンジョン問題」では、レベルが上がるごとに、「+ - * /」などの演算子、「if」や「eval」などの予約語、「Math」などの組み込みオブジェクトが禁止されていきます。その制約の中で、短いコードを書かなければなりません。

     筆者は、この「ダンジョン コードゴルフ」を出題するとともに、解説を書いてきました。そうした解説記事の中から、特定の処理を別の書き方で書いたコードをまとめた本を作りました。

    -目次-

    前書き
    JavaScript コードゴルフの基本
    値を得る
    各種演算
    文字列処理
    その他
    おまけコード

    価格

    330(税込)

    300円 (+消費税30円)

  • 実用 JavaScriptで 実行時エラーを起こす 100+の技法

    - The Art of Runtime Error -

     実行してみないと発生しない「実行時エラー」は、プログラムを書いた時点では発見できない、厄介なエラーです。

     本書では、100以上の手法で、実行時エラーを起こしていきます。また、それらを分類して整理していきます。

     様々な実行時エラーを見ていくことで、「どういった時に実行時エラーが出るのか」といった知見を得ることができます。

     また、普通にプログラミングしていたら見ることのできない、様々なエラーメッセージに出会うことができます。

     本書では、実行時エラーを発生させる1行コードとともに、実際に出力されるエラーメッセージを掲載しています。

    -目次-

    第1章 基本
    第2章 eval
    第3章 パースやエンコード
    第4章 toString
    第5章 正規表現
    第6章 Object
    第7章 DOM操作
    第8章 XMLHttpRequest
    第9章 Canvas

    価格

    330(税込)

    300円 (+消費税30円)

  • 実用 TinySRPG アルゴリズムブック JavaScriptのコードで学ぶ シミュレーションRPGの処理

    小さな手作りシミュレーションRPG「TinySRPG」のアルゴリズムを、コード付きで解説した本です。

    全7章で、「計算編」「マップ描画編」「マップ操作編」「戦闘編」「思考編」「マップ作成のTIPS」「レベル機能のTIPS」という構成になっています。

    著者は、2016年のコミケ90(夏コミ)以降、「TinySRPG」というシミュレーションRPG(SRPG)のシリーズを出しています。また、過去のiモード時代に、iアプリとして多くのSRPGを出してきました。

    そうした知見を元に、SRPGのアルゴリズムをまとめた本です。

    この本には、実際に「TinySRPG」で使用されているアルゴリズム部分のコードが、そのまま載っています。SRPGを作る際の参考にしてください。

    -目次-

    1章 計算編
    第2章 マップ描画編
    第3章 マップ操作編
    第4章 戦闘編
    第5章 思考編
    第6章 マップ作成のTIPS
    第7章 レベル機能のTIPS

    価格

    330(税込)

    300円 (+消費税30円)

  • 実用 HTML5+NW.jsで同人ゲームを作る基礎知識 for Windows

    著者は、HTML5+NW.jsで同人ゲームを多数作成しました。そこで、NW.jsで同人ゲームを作るための基礎知識の本を書きました。

    NW.jsは、JavaScriptの実行環境node.jsと、ブラウザのレンダリングエンジンWebKitが合体したものです。ファイルアクセスなどのローカルの処理をnode.jsのavaScriptで、表示はHTML内のJavaScriptで行えます。

    NW.jsの環境には、色々と癖があり、それをあらかじめ知っておけば、面倒な試行錯誤をしなくても、ゲームを作ることができます。

    各種バッチファイルや、リソース読み込みの関数などは、全てソースコード付きです。

    配布用実行ファイルを、自動作成するバッチファイルも掲載しています。また、サウンド関係は、BGMの管理やSEの同時発音などを可能にしたライブラリにしており、そのまま使えます。

    第1章 NW.jsについて
     ・ NW.jsとは
     ・ ドキュメント
     ・ 開発環境を作る
    第2章 アプリの構成とファイル
     ・ ディレクトリ構成
     ・ package.jsonの作成
     ・ プログラムの実行
    第3章 配布用実行ファイル
     ・ exeの仕組み
     ・ exeの作成
    第4章 WebとNW.jsの処理の分岐
     ・ 環境判定用コード
    第5章 カレントディレクトリ
     ・ 開発環境と本番環境の違い
     ・ 違いを吸収する処理
     ・ パスの解決
    第6章 ファイル操作
     ・ テキスト読み込み 同期
     ・ テキスト書き込み 同期
     ・ ファイル削除 同期
     ・ 実行 同期
    第7章 リソースの読み込みと利用
     ・ 全体の構成
     ・ 画像
     ・ Webフォント
     ・ サウンド

    価格

    330(税込)

    300円 (+消費税30円)

付与コインの内訳

3コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「HTML5+NW.jsで同人ゲームを作る基礎知識 for Windows」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報