セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

3/27ゲリラコイン最大55倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

軍隊日記

軍隊日記-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

黒島伝治
ジャンル
文芸
レーベル
――
出版社名
ボイジャー・プレス
配信開始日
2016年08月01日
ページ概数
132 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

黒島伝治の農民もの、シベリアもの、どちらの小説も、古いフィルムを回しながら観る映画のようだ。

この『軍隊日記』は姫路聯隊へ入隊するために東京を引き上げる日、すなわち大正八年十一月二十日から書きはじめられ、シベリアへ動員される直前の大正十年四月八日で「除隊の日まで』と題する第一冊がおわり、第二冊目は『星の下を』という題でシベリア時代の日記となり大正十一年七月十一日兵役免除となって帰郷し、さらに翌年の七月九日の日附のところでおわっている。
日本文学のなかで軍隊生活に取材した小説は相当あるが、作家の手で書かれた軍隊日記はおそらく黒島伝治の『軍隊日記』が唯一のものではないだろうか。(壺井繁治記)
【著者】
黒島伝治
香川県の小豆郡苗羽村(現在の小豆島町)に生まれる。実業補習学校を卒業して醤油工場に勤務、学資を貯めて上京し早稲田大学予科の選科生となる。このため徴兵猶予の対象とならず1919年には兵役の召集を受け姫路の連隊に在営、シベリア出兵に看護卒として従軍した。この体験が、彼の代表作である『渦巻ける烏の群』『橇』などの〈シベリアもの〉とよばれる日本文学史上稀有な戦争文学として結実することとなる。1922年病を得て小豆島へ帰郷する。

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
幼女戦記 6 Nil admira...

1000円(+税)

カルロ・ゼン/篠月しのぶ

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
幼女戦記 3 The Finest...

1000円(+税)

カルロ・ゼン/篠月しのぶ

――

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ホーンテッド・キャンパス 白い椿と...

600円(+税)

櫛木理宇/ヤマウチシズ

角川ホラー文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
LV999の村人 3

1200円(+税)

星月 子猫/ふーみ

――

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
勇者は、奴隷の君は笑え、と言った

680円(+税)

内堀優一/エナミカツミ

NOVEL 0

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 限定特典
ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さ...

590円(+税)

三上延

メディアワークス文庫

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
パノラマ島美談

441円(+税) (04/07まで)

西尾維新/キナコ

講談社タイガ

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
  • 限定特典
幼女戦記 7 Ut semente...

1000円(+税)

カルロ・ゼン/篠月しのぶ

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
軍隊日記

400円(+税)

黒島伝治

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
400円 (+税)
432円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら140コイン(※)
4 + 136コインUP
2017/03/28 11:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
100 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです