セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

『大寒』だけど寒さに負けるな!コイン最大45倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

京のたしなみ 和のもてなし

京のたしなみ 和のもてなし-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

後藤加寿子
西村明美
平野顕子
ジャンル
文芸
レーベル
――
シリーズ
京のたしなみ 和のもてなし
出版社名
主婦と生活社
配信開始日
2015年10月30日
ページ概数
194 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。日本礼賛ブームの真打登場!日本のおもてなしの心がわかります!著者は京女3人。茶道家元「武者小路千家」生まれで料理研究家の後藤加寿子、老舗旅館「柊家」生まれで女将の西村明美、能装束織元「平のや」生まれで松之助オーナーの平野顕子と、京都の名家に生まれ育った同級生3人が「日本の伝統文化としきたり、そのいわれ」について語ります! 京都の人は意思表示をはっきりさせないなど、付き合いにくいと言われます。ところが、本書の京女3人はさばさばしていてあっけらかん。立ち居振る舞いはきちんとしているのに、堅苦しさが全くない。こちらが心地いいようにもてなしてくれるのです。その秘密は……本書を読んでのお楽しみ!歳時や季節の味覚、暮らしの知恵、人付き合いのマナーなど、どれも相手を思いやる心が潜んでいて、古都で育まれた先人たちの知恵が隠れていました。日本人でよかった!そう思える一冊です。 主婦と生活社刊

(c)Kazuko GOTO,Akemi NISHIMURA,Akiko HIRANO

これもおすすめ! ( / )

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 限定特典
結物語

1200円(+税)

西尾維新/VOFAN

講談社BOX

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
終物語 (上)

1050円(+税) (01/26まで)

西尾維新/VOFAN

講談社BOX

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
悲衛伝

1300円(+税)

西尾維新

講談社ノベルス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
職業無職の俺が冒険者を目指すワケ。...

1200円(+税)

スフレ/猫猫猫

カドカワBOOKS

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
溺愛II[下]

650円(+税)

映画館

魔法のiらんど文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
鎌倉おやつ処の死に神 3

660円(+税)

谷崎泉/宝井理人

富士見L文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
掟上今日子の旅行記

1250円(+税)

西尾維新/VOFAN

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
デスマーチからはじまる異世界狂想曲...

1200円(+税)

愛七ひろ/shri

カドカワBOOKS

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
京のたしなみ 和のもてなし

1200円(+税)

後藤加寿子/西村明美/平野顕子

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1200円 (+税)
1296円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら240コイン(※)
12 + 228コインUP
2017/01/23 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
900 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです