ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

「人生のジレンマ」を克服するために プロフェッショナル人生論

あらすじ・内容

筆者のクレイトン M. クリステンセンは
『イノベーションのジレンマ』などで知られる経営学者だが、
本書はビジネスを論じたものではなく、
彼自身が人生の意味を見つけるうえで役立った指針を、
ハーバード・ビジネス・スクールの2010年の卒業生に語ったものである。
この考えの根本にあるのは彼の厚い信仰心だが、
指針自体はだれにでも活用できるため、
HBRで紹介された。

本書では、
クリステンセンが授業の最後に問いかけるという、
3つの質問(経営の理論をキャリアや家族について当てはめてみる)を紹介し、
人生の目的を考えることの重要性を説く。
時間、エネルギー、能力という人生における資源の配分を考える際には、
長期的な視点を持つことを勧める。
また、間違った行為に伴う限界費用は、
「この一度だけ」であればいつでも小さく思われ、
それが、人生を誤らせてしまうとも警告する。
そして最後に、人生を評価する物差しを持ち、
人生の終わりに成功だったと評価できるように毎日を過ごすべきだと、
アドバイスする。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2011年3月号)』に
掲載された論文を電子書籍化したものです。

電子書籍
価格

550(税込)

500円 (+消費税50円)

付与コイン
5(*詳細)

作品情報

シリーズ
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文
著者
レーベル
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
出版社
ダイヤモンド社
カテゴリ
実用
ページ概数
40
配信開始日
2015/3/2
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 企業が政治に翻弄される時代

著: ヘンリー・ファレル

冷戦後、企業が築いてきた強力なグローバルインフラは、複雑に入り組んだネットワークシステムに支えられている。これらのネットワークは広く分散しているように見えるものの、実は重要なポイント──要衝(チョークポイント)──がある。一つの例がクラウドコンピューティングの情報保管施設で、そのほとんどが米国に置かれているが、米国政府はこれを利用し、企業に米国内のサーバーを経由する機密情報を提供させた。このように国家のために経済ネットワークを利用することは、トランプ政権になっていっそう激しくなっており、各国もこれに対抗する政策を取り始めている。本書では、こうした国家間の争いが企業に与える影響を分析しつつ、リスクの低減策についても触れている。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2020年3月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

価格

550(税込)

500円 (+消費税50円)

「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文」シリーズ作品一覧(全773冊)

550(税込)

  • 実用 働く意欲と生産性を高めるボランティアプログラムのつくり方

    近年、ボランティア活動のための有給休暇を認めたり、独自のボランティアプログラムを開発したりする企業が増えている。コロナ禍による経済状況の悪化で、これらを削減せよとの圧力にさらされているかもしれないが、たとえ苦境でも継続すべき理由がある。なぜならば、ボランティア活動によって従業員の生産性やエンゲージメントが向上し、人材の採用や定着の改善にもつながることが、多くの研究で示されているからだ。だが、プログラムを開発するに当たって、企業は間違いを犯しがちだ。本書では、多くの企業が遭遇する3つの落とし穴と、効果的なプログラムの設計および実行に役立つベストプラクティスを紹介する。

    *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2021年7月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    価格

    550(税込)

    500円 (+消費税50円)

  • 実用 アジャイル変革を成功に導くチームをつくる方法

    変化の激しい環境下で迅速に目的を達成するために、アジャイル手法を採用する企業がますます増えている。だが、アジャイル変革を掲げて大規模なプロジェクトを進めようとすると、目標達成に失敗するだけでなく、組織に混乱をもたらしてしまう。問題は、アジャイルチームの編成にある。リーダーは、アジャイルチームが他の広範なコラボレーションのネットワークに組み込まれているという事実を踏まえて、メンバーを選定しなくてはならない。本書ではアジャイルプロジェクトのチームづくりにおける3つの誤りを解説し、「組織ネットワーク分析」を駆使することによってチームに最もふさわしい人材を見出す方法を説く。

    *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2021年7月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    価格

    550(税込)

    500円 (+消費税50円)

  • 実用 組織の多様性はなぜ必要なのか

    2020年のマッキンゼー賞は、「ダイバーシティが企業にもたらす真の利益」(DHBR2021年3月号に翻訳掲載)に与えられたが、ここで説かれたダイバーシティの「学習と有効性のパラダイム」は、HBR1996年9-10月号で発表された本書で最初に紹介されたものであった。当時の日本は、ダイバーシティについてそれほど関心が持たれていなかったが、この概念が普及しつつある現在、ダイバーシティ本来の意味を問い直し、その恩恵を享受するために必要な考え方が論じられている本書は、とても意味あるものではないだろうか。


    *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2021年7月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    価格

    550(税込)

    500円 (+消費税50円)

  • 実用 バーンアウト:使命感の喪失が引き起こす「病」

    スポーツ選手の引退会見で見られるように、「燃え尽きた」という言葉は「何かを達成した後の清々しさ」の表現として使われることも多い。しかし、社会で問題になっているバーンアウト(燃え尽き症候群)は、清々しさとは正反対の、むしろ「燃えたかったのに燃えられなかった」不完全燃焼の意味に近く、喪失感や抑鬱感をもたらす。とりわけ、使命感や熱意を持って仕事に取り組む人が陥りやすく、企業にとってもそのような人材がバーンアウトしてしまうことは大きな痛手だ。本書では、長年にわたりバーンアウト研究に取り組む筆者が、バーンアウトを特徴付ける3つの症状や発生リスクについて解説する。そのうえで、防ぐための方法として筆者が注目する「突き放した関心」を取り上げる。

    *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2021年7月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    価格

    550(税込)

    500円 (+消費税50円)

  • 実用 職場で従業員のバーンアウトに対処する方法

    仕事におけるバーンアウト(燃え尽き症候群)は近年深刻化していたが、コロナ禍の長期化により、状況はさらに過酷になっている。このテーマを長年研究してきた筆者は、「バーンアウトは企業全体で対処すべき組織の問題である」と認識することが急務であると言う。本書では、46カ国1500人超の調査をもとに、問題の深刻度を徹底的に分析し、組織で即座に実行すべき対処策を提示する。

    *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2021年7月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    価格

    550(税込)

    500円 (+消費税50円)

付与コインの内訳

5コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「「人生のジレンマ」を克服するために プロフェッショナル人生論」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報