ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • ニコニコプレミアムDAY 第2弾
実用

「人生のジレンマ」を克服するために プロフェッショナル人生論

あらすじ・内容

筆者のクレイトン M. クリステンセンは
『イノベーションのジレンマ』などで知られる経営学者だが、
本書はビジネスを論じたものではなく、
彼自身が人生の意味を見つけるうえで役立った指針を、
ハーバード・ビジネス・スクールの2010年の卒業生に語ったものである。
この考えの根本にあるのは彼の厚い信仰心だが、
指針自体はだれにでも活用できるため、
HBRで紹介された。

本書では、
クリステンセンが授業の最後に問いかけるという、
3つの質問(経営の理論をキャリアや家族について当てはめてみる)を紹介し、
人生の目的を考えることの重要性を説く。
時間、エネルギー、能力という人生における資源の配分を考える際には、
長期的な視点を持つことを勧める。
また、間違った行為に伴う限界費用は、
「この一度だけ」であればいつでも小さく思われ、
それが、人生を誤らせてしまうとも警告する。
そして最後に、人生を評価する物差しを持ち、
人生の終わりに成功だったと評価できるように毎日を過ごすべきだと、
アドバイスする。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2011年3月号)』に
掲載された論文を電子書籍化したものです。

電子書籍
価格

550(税込)

500円 (+消費税50円)

付与コイン
5(*詳細)

作品情報

シリーズ
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文
著者
レーベル
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
出版社
ダイヤモンド社
カテゴリ
実用
ページ概数
40
配信開始日
2015/3/2
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 企業が政治に翻弄される時代

著: ヘンリー・ファレル

冷戦後、企業が築いてきた強力なグローバルインフラは、複雑に入り組んだネットワークシステムに支えられている。これらのネットワークは広く分散しているように見えるものの、実は重要なポイント──要衝(チョークポイント)──がある。一つの例がクラウドコンピューティングの情報保管施設で、そのほとんどが米国に置かれているが、米国政府はこれを利用し、企業に米国内のサーバーを経由する機密情報を提供させた。このように国家のために経済ネットワークを利用することは、トランプ政権になっていっそう激しくなっており、各国もこれに対抗する政策を取り始めている。本書では、こうした国家間の争いが企業に与える影響を分析しつつ、リスクの低減策についても触れている。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2020年3月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

価格

550(税込)

500円 (+消費税50円)

「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文」シリーズ作品一覧(全741冊)

550(税込)

  • 実用 いま最も必要とされているプロフェッショナル データ・サイエンティストほど素敵な仕事はない

    従来のデータベース管理システムでは扱い切れないほどの大量のビッグデータに囲まれている現代、組織は新しいタイプの専門職を必要としている。
    それは「データ・サイエンティスト」と呼ばれる人々である。
    彼らは大容量の非構造化データに構造を見出し、分析可能にし、ビジネスに役立つ知見を導き出すことができる。
    実際に、SNSの〈リンクトイン〉の躍進の背後には、彼らの貢献がある。
    優秀なデータ・サイエンティストは稀少なので、獲得競争が熾烈で、離職を食い止めるのも難しい。
    金銭面の報酬だけでなく、自由度のある職務環境を用意し、意思決定者とデータをつなぐ「かけ橋」となって価値あるものをつくり上げたいというニーズに応え、やりがいのある課題を与えることが重要である。
    今後は、データ・サイエンティストを養成する大学が増えてくると思われるが、それを待たずに、いまから積極的に確保していかないと、情報化社会では致命的な遅れにつながるおそれがある。
    *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2013年2月号)』に掲載された論文を電子書籍化したものです。

    価格

    550(税込)

    500円 (+消費税50円)

  • 実用 階層組織とネットワーク組織を共存させる これから始まる新しい組織への進化

    変化のスピードが速く方向性も見えない時代において、従来型の階層組織では、変化に対応できない。
    その一方で、事業を効率的に運用していくうえで階層組織がいまなお最も効果的であろう。
    この組織形態を維持しつつ、変化を先取りし迅速に事業転換していく組織にするには、ネットワーク組織を共存させることである。
    役職も部署も異なるボランティアから構成されるネットワーク組織のメンバーは、既存の階層組織にも籍を置く。
    そのうえで、メンバーは全員がリーダーシップをもって社内のあらゆる問題に対し解決策を策定し、実行していく。
    当然、階層組織のトップのコミットも必要である。
    この形態は、組織をコンピュータのOSに例え、「デュアルOS」と呼ぶ。
    本書では、組織論の大家であるジョン・コッターが、著書『企業変革力』の考えをさらに膨らませ、組織変革を確実に実現させる組織のデュアルOSシステムを提唱し、その8つの実践メカニズムを紹介する。
    *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2013年3月号)』に掲載された論文を電子書籍化したものです。

    価格

    550(税込)

    500円 (+消費税50円)

  • 実用 メディアの主導権は消費者へ 広告の新しい現実

    かつての「4マス媒体」といわれた、テレビ、新聞、ラジオ、雑誌はいずれも消費者の減少に苦しんでいる。
    ネットの台頭で、人々は自分の好きな情報を好きな時間に接する時代に完全に変わった。
    もはや企業が計画するように広告を見てもらえる時代が終わったのだ。
    コミュニケーションの主導権が消費者に移ったいま、企業はどのように宣伝広告活動を行うべきだろうか。
    『MEDIA MAKERS』の著者、田端信太郎氏は、情報をコントロールできない前提での広告施策の重要性を強調する。
    情報のコントロール有無の軸と、プッシュ型かプル型かの軸で広告活動を分類すると4つの領域に分けられる。
    従来のマス広告は、このなかの「コントロール可能で、プッシュ型」の施策となる。
    これから重要となるのは、未知なる「アンコントロール」の領域である。
    具体的には、ソーシャル・メディアでのプッシュ型や、SEOやコンテンツ・マーケティングなどのプル型である。
    これらの領域でいち早く成功した企業が、リーダー企業となる。
    *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2013年7月号)』に掲載された論文を電子書籍化したものです。

    価格

    550(税込)

    500円 (+消費税50円)

  • 実用 いま世界で最も注目される女性リーダーが語る 男女が真に平等である社会をつくる(インタビュー)

    フェイスブックで2008年からCOOを務めるシェリル・サンドバーグは、ハーバード大学とハーバード・ビジネス・スクールを最優秀の成績で卒業し、アメリカ財務省の首席補佐官、グーグルのバイス・プレジデントなどを務めてきた華麗な経歴の持ち主だ。
    そして2013年4月には初めての著書Lean Inが刊行され、全米で大きな反響を呼んでいる。
    Lean Inとは「控えめにならず、勇気を出して身を乗り出そう」といった意味で、サンドバーグはこれまでの経験を基に、女性も男性も本当の意味で同等に参加できる社会をつくろうと呼びかけている。
    しかし同書に対しては、サンドバーグの姿勢が称賛される一方で、環境と資質に恵まれたからこその成功であって多くの働く女性には当てはまらない、という批判もある。
    本インタビューでは、同書の狙い、また現在の社会や女性のあり方をどう見ているかなどについて語っている。
    *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2013年8月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    価格

    550(税込)

    500円 (+消費税50円)

  • 実用 どのように人は動かされるのか よい影響力、悪い影響力(インタビュー)

    アメリカを代表する社会心理学者のロバート・チャルディーニは、影響力の研究分野で第一人者とされる。
    2001年に上梓したInfluence(邦訳『影響力の武器』)は200万部を超すベストセラーとなり、27カ国で翻訳された。
    チャルディーニは「説得」における人間心理のメカニズムを解明し、説得力には6つの原則があると論じている。
    本インタビューでは、相手の立場や文化によって、影響力を行使する際の原則が異なることを、ビジネス・シーンの実例を用いて解説している。
    また、影響力の倫理面に関する新たな研究についても、考察を述べている。
    *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2014年1月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    価格

    550(税込)

    500円 (+消費税50円)

付与コインの内訳

5コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「「人生のジレンマ」を克服するために プロフェッショナル人生論」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報