セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

【映画公開記念版】 ちょっと今から仕事やめてくる

【映画公開記念版】 ちょっと今から仕事やめてくる-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
北川 恵海
ジャンル
文芸
日本文学
レーベル
メディアワークス文庫
シリーズ
【映画公開記念版】ちょっと今から仕事やめてくる(メディアワークス文庫)
出版社名
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
配信開始日
2017年04月28日
ページ概数
292 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

この優しい物語をすべての働く人たちに

ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうとしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。なぜ赤の他人をここまで気にかけてくれるのか? 気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で鬱になり自殺した男のニュースだった――。第21回電撃小説大賞<メディアワークス文庫賞>受賞作。スカっとできて最後は泣ける“すべての働く人たちに贈る、人生応援ストーリー”。【映画公開記念版】には、2017年5月27日の映画公開を記念して特別版のカバーを収録! 2017年7月14日までの期間限定配信です(内容は通常カバー版と同じです)。

(C)2015 EMI KITAGAWA / KADOKAWA CORPORATION

5/27(土)劇場公開『ちょっと今から仕事やめてくる』フェア

5/27(土)劇場公開『ちょっと今から仕事やめてくる』フェア

これもおすすめ! ( / )

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ちょっと今から仕事やめてくるマンガ

650円(+税)

鈴木有布子/北川 恵海

コミックフラッパー

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ちょっと今から仕事やめてくる

530円(+税)

北川 恵海

メディアワークス文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
続・ヒーローズ(株)!!!

650円(+税)

北川 恵海

メディアワークス文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ヒーローズ(株)!!!

570円(+税)

北川 恵海

メディアワークス文庫

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
暴虐恋愛(3)

100円(+税) (05/31まで)

わかつきひかる

ゴマブックスノベル

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
待てば海路の殺しあり

100円(+税) (05/25まで)

太田蘭三

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
「死ぬくらいなら会社辞めれば」がで...

1200円(+税)

汐街コナ/ゆうきゆう

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
29歳独身は異世界で自由に生きた…...

1200円(+税)

リュート/桑島黎音

カドカワBOOKS

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
【映画公開記念版】 ちょっと今から...

530円(+税)

北川 恵海

メディアワークス文庫

価格
530円 (+税)
572円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:5コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
230 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    販売期限
    2017/07/14 23:59
    閲覧期限
    期限なし

    購入前のご注意

    ランキング

    日間

    週間

    ページ先頭へ

    本文の終わりです