セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

猛き花道(4)マンガ

猛き花道(4)-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
梶研吾
著者
土山しげる
ジャンル
マンガ
レーベル
――
シリーズ
猛き花道
出版社名
ゴマブックス
配信開始日
2016年05月18日
ページ概数
199 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

日本映画界に、一泡吹かせてやろうと躍起になる嶋鋭作監督。そんな彼が、自身の作った映画の主役にと抜擢した男は、
なんと役者未経験の天海猛だった。そんな天海は、嶋の主催する監督作品のオーディションに現れるが、そこで突然部屋に飛び込んで来た女に刺されてしまう。
しかしそれは、天海の玩具のナイフを使った手の込んだ演技だった。嶋たちはまんまと騙され、何としても天海を落そうと躍起になるが……
実は、天海自身、本当に命を狙われているらしく……

(c)KAJI KENGO/TSUCHIYAMA SHIGERU

「猛き花道」シリーズ ( 4 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
猛き花道(1)マンガ

400円(+税)

梶研吾/土山しげる

――

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
猛き花道(2)マンガ

400円(+税)

梶研吾/土山しげる

――

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
猛き花道(3)マンガ

400円(+税)

梶研吾/土山しげる

――

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
猛き花道(4)マンガ

400円(+税)

梶研吾/土山しげる

――

これもおすすめ! ( / )

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
そば屋幻庵 1巻マンガ

524円(+税)

かどたひろし/梶研吾

SPコミックス

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
怒りのグルメマンガ

450円(+税)

土山しげる

――

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
喰王スペシャルマンガ

400円(+税)

土山しげる

――

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
荒野のグルメ 1マンガ

900円(+税)

久住昌之/土山しげる

ニチブンコミックス

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
流浪のグルメ 東北めしマンガ

700円(+税)

土山しげる

アクションコミックス

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
忠臣藏 1巻マンガ

400円(+税)

土山しげる/久保田千太郎

SPコミックス

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
極食キング 1マンガ

400円(+税)

土山しげる

食漫

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ごくえろー毒婦伝ーマンガ

400円(+税)

土山しげる

ニチブンコミックス

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
猛き花道(4)マンガ

400円(+税)

梶研吾/土山しげる

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
400円 (+税)
432円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら120コイン(※)
4 + 116コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
100 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです