セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

3/27ゲリラコイン最大55倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

ボレアの妖月

ボレアの妖月-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

ブライアン・ラムレイ
訳者
夏来健次
ジャンル
文芸
推理
レーベル
創元推理文庫
シリーズ
〈タイタス・クロウ・サーガ〉(創元推理文庫)
出版社名
東京創元社
配信開始日
2016年07月01日
ページ概数
323 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

風の巫女アルマンドラと婚姻し、ボレアの台地の将軍となった、精神感応能力者シルバーハット。台地民の尊敬を集め、よく地を制していたが、探索の途中で、地平線の彼方に墜ちゆく物体を目撃する。それこそは、アンリ‐ローラン・ド・マリニーの乗った時空往還機であった! だが、墜落の際、時空往還機がイタカ軍の手に落ちてしまう。これなくしては、ボレアからの脱出も、邪教集団との闘いも困難を極める。シルバーハットは、ド・マリニーと共に奪還を決意するが、風の邪神イタカの魔手が、ボレアに、そして愛するアルマンドラに迫りつつあった。邪神と人類の闘争を描きクトゥルー神話体系に新風を巻き起こした伝奇ホラー、長編第5弾。/解説=鵺沼滑奴

(c)夏来健次/東京創元社

〈タイタス・クロウ・サーガ〉(創... ( 2 冊 ) ( / )

シリーズ作品一覧へ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ボレアの妖月

1018円(+税)

ブライアン・ラムレイ/夏来健次

創元推理文庫

予約

コインUP

旧神郷エリシア 邪神王クトゥルー煌...

3/31(金)配信予定

ブライアン・ラムレイ/夏来健次

創元推理文庫

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ジキル博士とハイド氏

300円(+税)

ロバート・ルイス・スティーヴンスン/夏来健次

創元推理文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
29歳独身は異世界で自由に生きた…...

1200円(+税)

リュート/桑島黎音

カドカワBOOKS

NEW!

文芸

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
インターフェロン

0円(+税)

森河洞

森河洞

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
ワールドエネミー 不死者の少女と不...

700円(+税)

細音啓/ふゆの春秋

NOVEL 0

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
うちの執事に願ったならば

520円(+税)

高里椎奈

角川文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
君は月夜に光り輝く

630円(+税)

佐野 徹夜

メディアワークス文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
LV999の村人 2

1200円(+税)

星月 子猫/ふーみ

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
蜘蛛ですが、なにか? 5

1200円(+税)

馬場 翁/輝竜司

カドカワBOOKS

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ボレアの妖月

1018円(+税)

ブライアン・ラムレイ/夏来健次

創元推理文庫

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1018円 (+税)
1099円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら356コイン(※)
10 + 346コインUP
2017/03/28 11:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
718 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです