セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

教養としての「昭和史」集中講義 教科書では語られていない現代への教訓

教養としての「昭和史」集中講義 教科書では語られていない現代への教訓-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
井上寿一
ジャンル
新書
レーベル
SB新書
出版社名
SBクリエイティブ
配信開始日
2016年11月04日
ページ概数
211 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

教科書では語られていない現代への教訓!

★新しい昭和史の見方を伝える!
山川出版社の『日本史B 高校日本史』(81 山川 日B308)における戦前昭和史を、「教養」として読み直す!
実際の教科書と対比しながら、「大事なのに触れられていないこと」「さらっと記述があるだけだが、実は背景にこんなことが」という解説で、歴史の本質がつかめる!
「そんなに簡単に平和な世の中から戦争の時代へとシフトするのだろうか?」といった疑問。それは、個々の事実をつなぐ様々な出来事が教科書では端折られてしまっているから。本書では、そうした隙間を埋め、かつ簡素な記述の裏にある今日的な意味に光を当てながら昭和史を振り返る。
・戦前昭和の歴史を学ぶことに今日的な意味が見出せない、そんな人こそ目からウロコの内容
・いま以上に先行きが不透明な時代に、先人はどのように行動し、それがどのような結果をもたらしたのか?
・二大政党制の機能不全ないし限界についても、戦前と比較して考えることができる!
・当時の国民目線になって考えるという意味で、現代を生きる私たちが戦前昭和を身近に感じられる点。それは、当時の日本も格差社会であったこと。
・当時の国民だとしたら? 新聞やラジオが戦争熱を煽っていくなかで、あなたは「それはおかしい」といえるのか。あるいは「おかしい」と発言すること自体、英雄的な、正しい行為だといえるのか。

(C) Toshikazu Inoue 2016

これもおすすめ! ( / )

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
異世界転生して勇者になろう! アン...

600円(+税)

板垣 ハコ/米田和佐/真西 まり/田村 ヒロ/オンディ

REXコミックス

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
戦国の陣形

650円(+税)

乃至政彦

講談社現代新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
日本人のための日本語文法入門

600円(+税)

原沢伊都夫

講談社現代新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
誰も教えてくれない人を動かす文章術

600円(+税)

齋藤孝

講談社現代新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
官能艶語録 厳選1400手

700円(+税)

官能艶語録研究会

サクラ新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
皇軍兵士の日常生活

650円(+税)

一ノ瀬俊也

講談社現代新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
世界史を変えた薬

600円(+税)

佐藤健太郎

講談社現代新書

コインUP

新書

  • Check!
  • カートに入れる
科学する麻雀

600円(+税)

とつげき東北

講談社現代新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
教養としての「昭和史」集中講義 教...

800円(+税)

井上寿一

SB新書

価格
800円 (+税)
864円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:8コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
500 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです