ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

CLUTCH Magazine Vol.66

あらすじ・内容

春もミリタリーが人気だ。
トレンチコートやスモック、M-41チノにグルカパンツなど、春に着たいミリタリーアイテムが続々登場している。
今年はヨーロッパ系ミリタリーの勢いも見逃せない。
そんな春ミリタリーの気分を盛り込んだ「MIL.for Spring」特集では注目のアイテムとスタイリングをたっぷりと紹介する。
第2特集は世界のクラッチマンに紹介したい「TOKYO HOTEL STYLE」。
東京にいま増えているカジュアルでクールなホテルをリストアップした。
さらに今月は、半年に一度の特別企画として「CLUTCH COLLECTION」特集も。
クラッチマン必修のブランドの最新プロダクツカタログとなっている。
※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。

電子書籍
価格

713(税込)

648円 (+消費税65円)

付与コイン
6(*詳細)

作品情報

シリーズ
CLUTCH Magazineシリーズ
著者
レーベル
――
出版社
ヘリテージ
カテゴリ
実用
ページ概数
230
配信開始日
2019/2/23
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 CLUTCH Magazine Vol.85

著者: クラッチ編集部

ヘリージスタイルを提唱するCLUTCH Magazineにとって、最も重要なヴィンテージカルチャー。今号はその中でもヴィンテージ古着に焦点を当てました。旧いモノの価値は、その希少性で、現存するヴィンテージピースはどんどんマーケットから消えていく一方です。当然、マーケットプライスも高騰し、どんどんと手の届かない存在になっています。だからこそ、そこには憧れが募るのです。古着の世界ではヴィンテージの解釈が変わりつつあります。かつては1970年代以前のものをヴィンテージと呼んでいたのだが、近年は2000年代のものもヴィンテージと呼ばれ、価格高騰が始まっているのです。本誌では、そんな世相に抗って、従来のヴィンテージ解釈に合わせた1970年代以前のものを、戦前、戦中、戦後という3つのカテゴリーに分けて、アイテムから時代感を浮き彫りにしました。天然素材主流、少量生産の時代だった戦前の服飾文化、戦中になると物資統制など制限が増える中で、行われたモノ作り。さらには戦後の好景気の中で進められた大量生産、大量消費の時代へと突入する華々しい時代背景の中で生まれたファッションカルチャー・・・・・・。それぞれの魅力をファッションアイテムやヴィンテージプロフェッショナルの言葉を通して紹介します。また、当時のプロダクツの手間のかかるモノ作りを踏襲するリプロダクションについても紹介。ヴィンテージと区別が付かないほどの忠実な再現力は日本のブランドが世界をリードしていますが、デニム、アロハシャツ、レザージャケットにおけるリプロダクションについて探求者たちに解説をお願いしました。

価格

900(税込)

818円 (+消費税82円)

「CLUTCH Magazineシリーズ」シリーズ作品一覧(全84冊)

509円〜900(税込)

  • 実用 CLUTCH Magazine Vol.85

    ヘリージスタイルを提唱するCLUTCH Magazineにとって、最も重要なヴィンテージカルチャー。今号はその中でもヴィンテージ古着に焦点を当てました。旧いモノの価値は、その希少性で、現存するヴィンテージピースはどんどんマーケットから消えていく一方です。当然、マーケットプライスも高騰し、どんどんと手の届かない存在になっています。だからこそ、そこには憧れが募るのです。古着の世界ではヴィンテージの解釈が変わりつつあります。かつては1970年代以前のものをヴィンテージと呼んでいたのだが、近年は2000年代のものもヴィンテージと呼ばれ、価格高騰が始まっているのです。本誌では、そんな世相に抗って、従来のヴィンテージ解釈に合わせた1970年代以前のものを、戦前、戦中、戦後という3つのカテゴリーに分けて、アイテムから時代感を浮き彫りにしました。天然素材主流、少量生産の時代だった戦前の服飾文化、戦中になると物資統制など制限が増える中で、行われたモノ作り。さらには戦後の好景気の中で進められた大量生産、大量消費の時代へと突入する華々しい時代背景の中で生まれたファッションカルチャー・・・・・・。それぞれの魅力をファッションアイテムやヴィンテージプロフェッショナルの言葉を通して紹介します。また、当時のプロダクツの手間のかかるモノ作りを踏襲するリプロダクションについても紹介。ヴィンテージと区別が付かないほどの忠実な再現力は日本のブランドが世界をリードしていますが、デニム、アロハシャツ、レザージャケットにおけるリプロダクションについて探求者たちに解説をお願いしました。

    価格

    900(税込)

    818円 (+消費税82円)

  • 実用 CLUTCH Magazine Vol.84

    創刊10周年記念特大号は、世界中から集めたクラッチマンのポートレートを掲載!日本のみならず、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど世界中にファンを持つ『CLUTCH Magazine(クラッチマガジン)』。創刊10周年の記念号のため特大ボリュームでお届けします。日本国内はもとより、ニューヨーク、ロサンジェルス、ロンドン、パリ、ミュンヘン、チューリッヒ、フィレンツェ、上海、香港など世界中の「CLUTCHMAN」、「CLUTCHWOMAN」が登場し、各国のリアルクローズをお楽しみいただけます。この10年間、世界を飛び回って取材し、また世界中に販売網を張り巡らしてきた稀有な雑誌である『CLUTCH Magazine』ならではのワールドワイドな企画です。また、日本が誇るカスタムビルダーや、珠玉のヴィンテージH-Dコレクションもご紹介いたします。特集「PORTRAITS OF CLUTCHMAN」イギリス人写真家Nick Clements(ニック・クレメンツ)氏の膨大なアーカイブより珠玉のポートレートを選りすぐった「Show Time」ページからスタートします。日本国内のアパレルブランド、ショップ、バーバー、シューメイカーから、「The LIGHT Co.ltd」ディレクターのタミー・オガラ氏や、「The Real McCOY’S」CEOの辻本仁史氏、「FULLCOUNT」CEOの辻田幹晴氏、「Ber Ber Jin」 デイレクターの藤原裕氏などが登場! 海外からはヘリテージスタイルのブランド、ショップのデザイナーやオーナーとして、「Nigel Cabourn」デザイナーのNigel Cabourn氏や、「Fortela」クリエイティブディレクターのAlessandro Squarzi氏が登場!ロサンジェルスからはVINTAGE愛好家やVINTAGEディーラーとして、さまざまなブランドを手がけるZip Stevenson氏や、デザイナーのChristophe Loiron氏、「Denim Dudes」のAmy Leverton氏らが登場!

    価格

    900(税込)

    818円 (+消費税82円)

  • 実用 CLUTCH Magazine Vol.83

    英国カルチャー&ライフスタイル誌『men’s file 』25との2冊合本特大号! 日本のみならず、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど世界中にファンを持つCLUTCH Magazine。12月24日発売の2022年2月号は年2回の特別号です。英国のmen’s fileとの合本号で、日英を代表するヴィンテージ&ヘリテージカルチャー誌が一つになったスペシャルパッケージ。ヴィンテージモーターサイクルコレクター、ヴィンテージカーなどヴィンテージカルチャーを唸らせる企画も注目していただきたい。 世界共通言語である「ヘリテージスタイル」の数少ない専門誌としての誇りを持って、鋭意製作した号になります。 ベテランフォトグラファーたちのアートワークもCLUTCH、men’s fileの意地の張り合いです。フレーミングして部屋に飾りたくなる写真で構成された、雑誌を超えた雑誌。ぜひともお手に取って愉しんでいただきたい。CLUTCH Magazineの特集は「真冬のコート&ジャケット」。これから寒さが厳しくなる季節に欠かせないアウターやそのコーディネイトをたっぷり紹介します。巻頭のコーディネイトサンプルはニューヨークから。リアルなニューヨーカーの真冬のスタイリングをポートレートでお届けします。CLUTCH同様、世界中にファンを持つジャパンブランドの品質にこだわったアウターコレクションも見どころです。ヴィンテージピースはカウチンセーターが注目のアイテム。旧きよきアメリカンカルチャーのアイコンでもあるカラフルなニットウエアの多くはカナダで作られ、アメリカで広まりました。ヴィンテージならでは色柄を愉しみながら歴史のお勉強。英国からヘリテージカルチャーを 紹介するmen's fileが節目の25号。毎号、大きな特集を組む日本の雑誌のスタイルとは一線を画す英国雑誌独特の作りは新鮮に映ることでしょう。今号はmen's fileが得意とするヴィンテージモーターサイクルの記事が多い。表紙大きく書かれている通り、特筆はヴィンテージスクーターの記事。安定のヘリテージなカルチャー&ライフスタイルが詰め込まれています。一通り目を通した後は、コーヒーテーブルブックとしてもご活用いただけます。

    価格

    900(税込)

    818円 (+消費税82円)

  • 実用 CLUTCH Magazine Vol.82

    クラッチマガジン12月号は渾身の英国カルチャー特集。テーマは「BRITISH ICON」。日本国内の英国好きに、それぞれの英国の象徴を紹介してもらっています。クルマはヴィンテージのジャガー、ロータス、レンジローバーなど。バイクは1930年のノートンが登場します。ファッションアイテムはもちろん、フットボールにまつわるアイテムをBIRITISH ICONとして紹介してくれる方も。また、ロンドンからは英国ファッションを語る上で重要な5人が登場。Lewis Leatherオーナーのデレック・ハリス氏、EASTMAN LEATHERのギャリー・イーストマン氏という英国レザージャケット界の重鎮が登場しています。 2021年秋冬コレクションがファッションマーケットを賑わしているタイミングの号です。当然のことながら、この秋冬の注目アイテムを多数ピックアップしています。しかも、特集に合わせて英国ゆかりのプロダクツが多いです。 人気連載「THE LISTED PRODUCTS」は、いまや世界各地のヘリテージスタイル好きの間で憧れのブーツとされている「CLINCH」をピックアップ。古都・奈良で桃山時代から続く、赤膚焼きの窯元取材などバラエティに富んだコンテンツ構成でお届けします。

    価格

    900(税込)

    818円 (+消費税82円)

  • 実用 CLUTCH Magazine Vol.81

    今回は靴デザイナーやクラフトマン、さらにはショップオーナーなど、いわゆる「靴のプロ」20人が選ぶ愛用靴合計200足を、本心で紹介してくれています。アメリカ製ワークブーツから、ノーザンプトンの英国シューズ、さらにはマニア垂涎のお宝スニーカーまで。自分の大切な靴だからこそ、愛情を込めたコメントを一足ごとに掲載している。・WESCO JAPAN/アメリカ製ワークブーツブランド 岡本直氏・Brift H(ブリフトアッシュ)/プロフェッショナルシューシャイナー 長谷川裕也氏・BRASS TOKYO/ビスポークシューメイカー&CLINCHデザイナー 松浦稔氏・HOPESMORE/セカンドハンドブーツ専門店 福嶋紀彦氏・SKIT/プレミアムスニーカー専門店 鎌本勝茂氏・Bailey STOCKMAN/ウエスタンブーツ専門店 横山健児氏他全20名巻頭スペシャルには、いま、日本中からオーダーが止まないサインボードアーティストの清水“Shakin‘”知巳氏を11Pで紹介。清水氏の卓抜したペイントワーク作品と共に、彼の経歴を紹介している。人気連載「The Collector」では、英国製のヴィンテージオイルドジャケットの収集家にフォーカスバブアーやベルスタッフの貴重なヴィンテージピースを紹介してもらった。

    価格

    900(税込)

    818円 (+消費税82円)

付与コインの内訳

6コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「CLUTCH Magazine Vol.66」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報