セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

クリスマスの夜に降ってきた不思議な物語

クリスマスの夜に降ってきた不思議な物語-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

中丸一沙
ジャンル
文芸
ダイレクト出版
BWインディーズ
出版社名
BCCKS Distribution
配信開始日
2015年11月07日
ページ概数
31 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

クリスマスが近づいてきたある日、どこからともなく現れた老婆。腕白坊主たちにいじめられているところを助けてくれたメグに老婆は素晴らしいクリスマスプレゼントを贈ると「毎年クリスマスにはわたしのことを思いだしておくれ」といって去っていく。はたしてその老婆の正体とは……。どこか懐かしくて心温まるクリスマスイブを描いた「クリスマスの女神」。セーヌ川に架かるポンデザール橋から恋人と永遠の愛を誓って投げ入れた南京錠の鍵。それが、恋人と別れた後に呪縛となって「私」を苦しめる。クリスマスイブ、霧に包まれた橋の上で突然、「マドモワゼル……」と声をかけてきた老紳士。その彼が「私」に差し出したものは――。 恋人と過ごす幻想的なイブを描いたショートショートストーリー「霧の中の星屑」。クリスマスの翌日、最愛の祖母を亡くしてひとりぼっちになってしまったマリーヌは祖母の遺言を守るためにパリの郊外にある街を訪れる。そこで出会ったのは、足の悪い白い大きな犬を連れた親子。彼らと幸せなひと時を過ごしてパリに戻ったマリーヌは、大晦日の夜に、車にはねられて足に重傷を負った白い子犬を助けようと動物救急センターに飛びこむ。対応してくれた獣医師になぜか懐かしさを覚え不思議な感覚に包まれるマリーヌ。やがていま起こっていることがどういうことなのかを知ってマリーヌは驚愕する。孤独な女性に訪れた幸せな時間をしっとりと描く「ニューイヤーズイヴの贈りもの」。それこそクリスマスの夜にそっと開いてみたいファンタジックなショートストーリー集。

BWインディーズ 著者センター

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
秋のはじめの三つの恋の物語

500円(+税)

中丸一沙

BCCKS Distribution

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
御伽草子

500円(+税)

中丸一沙

BCCKS Distribution

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
幼女戦記 1 Deus lo vu...

1000円(+税)

カルロ・ゼン/篠月しのぶ

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
水鏡推理5 ニュークリアフュージョ...

680円(+税)

松岡圭祐

講談社文庫

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
四畳半神話大系

330円(+税) (03/02まで)

森見登美彦

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
紅霞後宮物語

580円(+税)

雪村花菜/桐矢 隆

富士見L文庫

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
拝金

100円(+税) (03/07まで)

堀江貴文

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
いまさら翼といわれても【電子特典付...

1480円(+税)

米澤穂信

角川書店単行本

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
クリスマスの夜に降ってきた不思議な...

540円(+税)

中丸一沙

BCCKS Distribution

価格
540円 (+税)
583円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:5コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
240 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです