セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

なんでもない一日 シャーリイ・ジャクスン短編集

なんでもない一日 シャーリイ・ジャクスン短編集-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

シャーリイ・ジャクスン
訳者
市田泉
ジャンル
文芸
推理
レーベル
創元推理文庫
出版社名
東京創元社
配信開始日
2015年10月30日
ページ概数
398 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

人間の裡に潜む不気味なものを抉り出し、独特の乾いた筆致で書き続けたシャーリイ・ジャクスンは、強烈な悪意がもたらす恐怖から奇妙なユーモアまで幅広い味わいの短編を手がけたことでも知られている。死後に発見された未出版作品と単行本未収録作を集成した作品集Just an Ordinary Dayより、現実と妄想のはざまで何ものかに追われ続ける女の不安と焦燥を描く「逢瀬」、魔術を扱った中世風暗黒ゴシック譚「城の主」、両親を失なった少女の奇妙な振るまいに困惑する主婦が語る「『はい』と一言」など、悪意と妄念、恐怖と哄笑が彩る23編にエッセイ5編を付す。本邦初訳作多数。/収録作=「序文 思い出せること」「スミス夫人の蜜月(バージョン1)」「スミス夫人の蜜月(バージョン2)――新妻殺害のミステリー」「よき妻」「ネズミ」「逢瀬」「お決まりの話題」「なんでもない日にピーナツを持って」「悪の可能性」「行方不明の少女」「偉大な声も静まりぬ」「夏の日の午後」「おつらいときには」「アンダースン夫人」「城の主」「店からのサービス」「貧しいおばあさん」「メルヴィル夫人の買い物」「レディとの旅」「『はい』と一言」「家」「喫煙室」「インディアンはテントで暮らす」「うちのおばあちゃんと猫たち」「男の子たちのパーティ」「不良少年」「車のせいかも」「S・B・フェアチャイルドの思い出」「カブスカウトのデンで一人きり」「エピローグ 名声」

(c)市田泉/東京創元社

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
処刑人

880円(+税)

シャーリイ・ジャクスン/市田泉

創元推理文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
爆発の三つの欠片

2250円(+税)

チャイナ ミエヴィル/日暮雅通/嶋田洋一/市田泉

新☆ハヤカワ・SF・シリーズ

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
人生の真実

2315円(+税)

グレアム・ジョイス/市田泉

創元海外SF叢書

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
パンドラ 猟奇犯罪検死官・石上妙子

640円(+税)

内藤了

角川ホラー文庫

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
琥珀色の王太子様に愛されすぎて困っ...

200円(+税) (05/04まで)

藤崎摩夜

マカロン文庫

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
櫻子さんの足下には死体が埋まってい...

364円(+税) (05/04まで)

太田紫織

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
零崎双識の人間試験

762円(+税)

西尾維新

講談社文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ネコソギラジカル(中) 赤き征裁v...

870円(+税)

西尾維新

講談社文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
なんでもない一日 シャーリイ・ジャ...

1111円(+税)

シャーリイ・ジャクスン/市田泉

創元推理文庫

価格
1111円 (+税)
1200円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:11コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
811 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです