セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

公事宿 裏始末5 追っ手討ち

公事宿 裏始末5 追っ手討ち-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

氷月葵
ジャンル
文芸
日本文学
時代小説
レーベル
二見時代小説文庫
シリーズ
公事宿 裏始末
出版社名
二見書房
配信開始日
2016年04月01日
ページ概数
286 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

大殿の落胤である己の出自と向き合うべく、ついに決断の時が来た。「棟上げ祝い事件」で多忙な公事宿を手伝う若き侍に、藩江戸家老派から刺客が!実父である大殿と藩のため公事宿の仲間と立ち向かう。――公事宿のあるじ喜平も読みきれなかった「棟上げ祝い事件」の裏の裏とは?理不尽に養父母の命を断たれた秋川藩の若き剣士は、矢野数馬と名を替え江戸に逃れ、公事宿暁屋で筆耕をしつつ、藩の内情を探っていた。折しも「棟上げ祝い事件」の公事に走り回る数馬のもとに従兄の新一郎が現れ、国元で大殿の隠し子が再浮上し、落胤たる数馬に江戸家老一派から刺客が向けられたという……。

(C)氷月葵/二見書房

公事宿 裏始末 ( 5 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
公事宿 裏始末 火車廻る

700円(+税)

氷月葵

二見時代小説文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
公事宿 裏始末2 気炎立つ

700円(+税)

氷月葵

二見時代小説文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
公事宿 裏始末3 濡れ衣奉行

700円(+税)

氷月葵

二見時代小説文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
公事宿 裏始末4 孤月の剣

700円(+税)

氷月葵

二見時代小説文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
公事宿 裏始末5 追っ手討ち

700円(+税)

氷月葵

二見時代小説文庫

これもおすすめ! ( / )

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
首吊り志願 婿殿は山同心2

700円(+税)

氷月葵

二見時代小説文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
世直し隠し剣 婿殿は山同心1

700円(+税)

氷月葵

二見時代小説文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
けんか大名 婿殿は山同心3

700円(+税)

氷月葵

二見時代小説文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
【電子限定おまけ付き】 黒王子はい...

600円(+税)

小中大豆/カワイチハル

幻冬舎ルチル文庫

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
人類最強のときめき

820円(+税)

西尾維新/竹

講談社ノベルス

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
人類最強の純愛

880円(+税)

西尾維新/竹

講談社ノベルス

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄...

1000円(+税)

西尾維新

講談社文庫

NEW!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ひきこもりの弟だった

650円(+税)

葦舟 ナツ

メディアワークス文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
公事宿 裏始末5 追っ手討ち

700円(+税)

氷月葵

二見時代小説文庫

価格
700円 (+税)
756円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:7コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
400 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ランキング

    月間

    ページ先頭へ

    本文の終わりです