ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • BOOK☆WALKER11周年キャンペーン
文芸

人妻家政婦~濡れてあげます~

あらすじ・内容

40代の若さで、日本一の売り上げを誇る量販店の経営者にのし上がった岩崎吾郎。成城の一等地に豪邸を建て、毎晩のように尻軽女を呼び、気ままな独身生活を満喫していた。しかし何故か最近、心は晴れない。そんな中、生田良美という家政婦が彼の家で働くことになった。40歳前後の艶やかな雰囲気の人妻に興味を持った吾郎は、わざと彼女の前で痴態を見せつける。明らかに気付きながらも黙々と働く良美の顔を見ると、変態的な悦びが湧いてくるのであった。そしてついに、良美の肉感的な身体にまで手を出して……。

電子書籍 コイン
価格

110(税込)

100円 (+消費税10円)

付与コイン

12/8 (水) 09:59まで

45(*詳細)

作品情報

シリーズ
人妻家政婦(スコラマガジン)
著者
レーベル
――
出版社
辰巳出版
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
41
配信開始日
2016/1/29
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

文芸 人妻家政婦~添い寝します~

著: 渡辺やよい

フィギュア製作の仕事をしている梅宮辰巳は35歳の素人童貞。仕事では売れっ子になったが、多忙のため不眠症と勃起不全を発症してしまった。風俗でフェラチオされてもイケない。それどころか、眠れずにふらついてしまい、生活に支障をきたしてしまう。そんな彼の前に現れたのが、新しく派遣されてきた家政婦・生田良美だった。35歳の人妻である彼女は、化粧気がない美人で、フィギュアにはない生々しさがあった。ある日、不眠症が祟って倒れてしまった辰巳は、良美に膝枕をお願いする。彼女の柔らかい腿に顔を埋め、辰巳は久々に熟睡することができた。どんな要求でも「承知しました」と応じてくれる良美に対して、辰巳の命令はエスカレートしていく。「君のお○んこ、見たいよ」と求めると……。

コイン12/8 (水) 09:59まで

価格

110(税込)

100円 (+消費税10円)

「人妻家政婦(スコラマガジン)」シリーズ作品一覧(全9冊)

110(税込)

  • 文芸 人妻家政婦~覗いてください~

    伊吹翔太は二浪の浪人生。キャリアウーマンの母が大阪に単身赴任するため、病に伏して寝たきりの祖父と2人で生活することになった。そして、母に代わり、家政婦の生田良美が家事を代行することに。化粧気のない小作りで色白の顔、プックリした唇、成熟した肉体……。30代の人妻が持つ色っぽさに、異性と接触する機会が少ない翔太は心を奪われた。ある日、翔太は寝たきりの祖父に言われるがまま、あそこをクンニされている良美の姿を目撃してしまう。毎日毎日、それをのぞき見してはオナニーを繰り返す翔太。だがある時、その真っ最中に祖父から声をかけられた。罵倒されるのを覚悟した翔太だったが、祖父は突然良美に「どうか、孫に初体験をさせてやってください」と頼みだし……。

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    110(税込)

    100円 (+消費税10円)

  • 文芸 人妻家政婦~奮い立たせます~

    35歳の伊吹則夫は細胞の研究を生業としている。生真面目な性格ゆえに人間関係は不得手で、研究所と自宅を往復するつまらない人生を送っていた。楽しみと言えば、隣家にやってくる家政婦の存在。シンプルな服装ながら、色白の整った顔、スタイルの良さに一目で魅了されてしまい、彼女を窓から眺めてはオナニーを繰り返していた。だが、やがて彼女と隣家との契約が切れてしまい、姿を現さなくなってしまったので、則夫は思い切って家事の代行を頼むことにした。彼女――生田良美は完璧な仕事ぶりで、どんな命令でも「承知致しました」と応えてくれる。長く家にいさせるために無理矢理命じた蔵書の整理も完璧にこなしてくれた。ある日、論文について所長と揉めてしまった則夫は、良美に当たり散らしてしまう。「俺がここでフェラチオしろって命じたら、してくれるのかよ!」彼女の答えはここでも「承知致しました」だった。則夫の欲望は決壊し、あんなことやこんなことまで命令して……。

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    110(税込)

    100円 (+消費税10円)

  • 文芸 人妻家政婦~お掃除します~

    2年前に妻に家を出ていかれた澤田裕也。以来、すっかり生きる気力を失い、一人暮らしの一軒家はあっという間にゴミだらけになった。そんな裕也を見かねた息子たちが、家政婦を派遣してくれた。「生田良美です。よろしくお願いします」歳の頃は40前後、色白で黒目がちな瞳が印象的な女だった。良美の献身的な仕事ぶりに好感を持った裕也は、次第に心を奪われて行く。そんな中、熱を出して寝込んだ裕也を優しく看病してくれる良美に、ついこう言ってしまう。「お願いだ……熱くなった股間を冷やしてくれ」

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    110(税込)

    100円 (+消費税10円)

  • 文芸 人妻家政婦~濡れてあげます~

    40代の若さで、日本一の売り上げを誇る量販店の経営者にのし上がった岩崎吾郎。成城の一等地に豪邸を建て、毎晩のように尻軽女を呼び、気ままな独身生活を満喫していた。しかし何故か最近、心は晴れない。そんな中、生田良美という家政婦が彼の家で働くことになった。40歳前後の艶やかな雰囲気の人妻に興味を持った吾郎は、わざと彼女の前で痴態を見せつける。明らかに気付きながらも黙々と働く良美の顔を見ると、変態的な悦びが湧いてくるのであった。そしてついに、良美の肉感的な身体にまで手を出して……。

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    110(税込)

    100円 (+消費税10円)

  • 文芸 人妻家政婦~挿れてあげます~

    結婚して20年。平凡で慎ましい家庭を築いてきた高橋直人は、突然妻から離婚を告げられた。妻にはしばらく前から男がいたようであった。ショックを受けつつも、家政婦を呼んで引っ越しの準備をする直人。家にやって来たのは、生田良美という30代後半の艶やかな熟女だった。どことなく妻に似ている彼女を見ていると、次第に卑猥なイタズラ心が芽生え始めた。妻が隠し持っていたバイブレーターやローターを良美にプレゼントすることにした直人。すると彼女は顔を赤らめながら……。

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    110(税込)

    100円 (+消費税10円)

  • 1
  • 2

付与コインの内訳

45コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    0%

  • コインUPキャンペーン

    45%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「人妻家政婦~濡れてあげます~」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報