ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍

女装して、一年間暮らしてみました。

価格
1270円 1,270 (+税)
獲得コイン
12 コイン

獲得コイン12コインの内訳

通常購入分
12コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
この本は、もとテレビ番組・映画プロデューサーとして名をはせた著者が、一年間女装をするという「実験」をして暮らしてみたドキュメンタリーです。きっかけはなんと、一足のストッキングでした。「モモヒキは暑すぎるけれど、なにもはかないと風邪をひく」という切実な理由から、デパートでストッキングを買ってはいてみたところ……「女性の世界には、こんなにいいものがあるのか!」と思ったところから、この生活は始まります。そうはいっても、単なるオモシロ本とあなどることなかれ。著者は、女装をすることによって生まれた心の変化(男性の役割から解放されるって、なんて自由なんだろう)などを考察し、男と女の違いを説明しようと奮闘します。初めての化粧、初めての女子会、初めての婦人科検診、妻へのカミングアウトなどを経てたどりついた、心の中の足かせをはずす方法とは? 「性」の真実とは? 自分ではなかなか経験できない新しい世界を知ることができる、貴重な一冊。 *目次より ●初めてのストッキング――求めていたものが、そこにあった●初めてのハイヒール――ワンピースを着た僕は、男じゃないの?●妻へのカミングアウト――好きなときに、好きなように、強くも、弱くもなりたい●男らしさと女らしさ――変わってしまった、人々の反応●男と女のオーガズム――セックスのあと、どんなことを考えてるの?
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「女装して、一年間暮らしてみました。」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
276

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2015/5/15
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

「女装して、一年間暮らしてみました。」のおすすめコメント

  • 1枚のストッキングが1人の男性の人生を変えた!

    SS典子BOOK☆WALKER スタッフ

    登録日:2016/08/17

    男性と女性との間には海よりも深い溝がある。
    その溝を埋めるため、性の真実をつかむために1人の男性が(偶然にも)立ち上がった!

    主人公のクリスチャンは、風邪予防のためにストッキングに目をつけた。
    恥ずかしさを隠し、女性だらけのストッキング売り場で勇気を出して目的のものを購入。

    おかげで彼は風邪を引かずに済みました。…では終わらない!
    彼の女性「性」の目覚めはここから始まります!

    男性はこんなに生きづらいものなのか、女性は本当に自由なのか。
    彼の考察と実体験は面白いだけでなく考えさせられることが多く、目から鱗がボロボロ落ちます。
    ファッションも明るく自由な女性と比べて、男性の選択肢の少なさは、
    ビジネスカジュアルを例にとるとわかりやすいかもしれません。

    ストッキングの選び方、はき方一つ一つに混乱・奮闘する様は(失礼だけど)面白い。
    それってこんなに奥が深いものだっけ?と笑ってしまいました。

    一般的な男性は「デニール」を知らないことに女性の私は衝撃を受けました。
    この単位を一生使わず過ごす男性たち、対して日常的に使う女性たち。
    これが男性と女性の違い、溝の深さの象徴の一つかもしれません。

    ※デニールとは、線密度、繊度、糸・繊維の太さの単位で、主にストッキングの厚さを表しています。

他の作品のコメントを見る

最近見た作品

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面