セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

【ストア横断】3/30 新年度準備キャンペーン!

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

首吊り志願 婿殿は山同心2

首吊り志願 婿殿は山同心2-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

氷月葵
ジャンル
文芸
日本文学
時代小説
レーベル
二見時代小説文庫
シリーズ
婿殿は山同心(二見時代小説文庫)
出版社名
二見書房
配信開始日
2016年11月01日
ページ概数
263 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

陰富売りが殺され、大店の主が首を吊った。背後で笑う黒幕とは?

御法度の高額の陰富を操る悪党を暴け──お役ではない探索に熱中するのは、世の裏にこそ人の本音があるから。棒手裏剣が敵に迫る。

将軍家の菩提所を守る上野の山同心への出向を命じられた南町奉行所の巻田禎次郎は、昨日は谷中の感応寺で富くじの富突きがあるので三人の配下と出向いた。翌早朝、不忍池の端で若い男が殺されているのに出くわした。正規の富くじの裏で横行する「陰富」の売人であるらしい。さらに大店の主が首を吊って……。
人の世は重き荷を…新シリーズ第2弾!

(C)氷月葵/二見書房

婿殿は山同心(二見時代小説文庫) ( 3 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
世直し隠し剣 婿殿は山同心1

700円(+税)

氷月葵

二見時代小説文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
首吊り志願 婿殿は山同心2

700円(+税)

氷月葵

二見時代小説文庫

予約

コインUP

けんか大名 婿殿は山同心3

4/1(土)配信予定

氷月葵

二見時代小説文庫

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
公事宿 裏始末2 気炎立つ

700円(+税)

氷月葵

二見時代小説文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
公事宿 裏始末5 追っ手討ち

700円(+税)

氷月葵

二見時代小説文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
公事宿 裏始末4 孤月の剣

700円(+税)

氷月葵

二見時代小説文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
公事宿 裏始末3 濡れ衣奉行

700円(+税)

氷月葵

二見時代小説文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
公事宿 裏始末 火車廻る

700円(+税)

氷月葵

二見時代小説文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 限定特典
ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子...

570円(+税)

三上延

メディアワークス文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
LV999の村人 2

1200円(+税)

星月 子猫/ふーみ

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
デスマーチからはじまる異世界狂想曲...

1200円(+税)

愛七ひろ/shri

カドカワBOOKS

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
首吊り志願 婿殿は山同心2

700円(+税)

氷月葵

二見時代小説文庫

コインUPキャンペーン対象商品
価格
700円 (+税)
756円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら315コイン(※)
7 + 308コインUP
2017/03/31 17:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
400 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです