ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

白狐魔記6 元禄の雪

あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

江戸へ赴いた白狐魔丸は、城からただならぬ気が漂ってくるのを感じる。その気の正体を調べていたさなか、事件は起こった。江戸城内で浅野内匠頭が吉良上野介に斬りつけたのだ。その場に居合わせた白狐魔丸はとっさに体憑依の術をかけ内匠頭の手を止めたが、そのことから事態は思わぬ方向へ転がっていくーー。浅野家家臣の大石内蔵助や大高源吾、吉良家の家来・清水一学ら様々な立場の武士がそれぞれの思いを抱きつつ、否応なく一つの流れに巻きこまれていく悲劇を、狐・白狐魔丸の目を通して描く。

電子書籍 最新刊
価格

1,760(税込)

1,600円 (+消費税160円)

付与コイン
16(*詳細)

作品情報

シリーズ
白狐魔記(偕成社)
著者
レーベル
――
出版社
偕成社
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
459
配信開始日
2016/12/28
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「白狐魔記(偕成社)」シリーズ作品一覧(全6冊)

1,430円〜1,760(税込)

  • 文芸 白狐魔記1 源平の風

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    白駒山の仙人の弟子となり、修行ののち、人間に化けることができるようになったきつね、白狐魔丸の人間探求の物語。第一巻にあたる本書では、世にいう「源平の戦い」にまきこまれたきつねが、兄頼朝に追われ落ちゆく源義経一行に同行、武士の無情を目のあたりにする。

    価格

    1,430(税込)

    1,300円 (+消費税130円)

  • 文芸 白狐魔記2 蒙古の波

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    斉藤洋ライフワークとなる時代小説シリーズ “白狐魔記”第2弾。一作目『源平の風』で源氏と平家のむなしい戦いを目のあたりにしたあと長い眠りについた白狐魔丸は、八十五年ぶりに目をさます。時は鎌倉時代。九州には元の船がおしよせ、日本に攻め入らんとしていた。元寇の時の様子を詳しく絵巻にした『蒙古襲来絵詞』の制作者として有名な竹崎季長を、今回はもう一方の主人公にたて、斉藤洋ならではの時代ファンタジーが展開される。

    価格

    1,430(税込)

    1,300円 (+消費税130円)

  • 文芸 白狐魔記3 洛中の火

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    悪夢で目覚めた白狐魔丸は、京の町で、十蔵という男に出会う。彼は、楠木正成の間者であった。十蔵に勧められ、楠木正成に会う白狐魔丸。正成は白狐魔丸をキツネと見破る。正成はこれまでの侍のタイプと違っていた。好きな主君のためでもなく、自らの土地や家族のためでもなく、それでも命を懸けて主君の無理な要求に応じようとしていた。しかも頭の勘も人一倍いい。白狐魔丸には、これほどの男が、なぜ、主君後醍醐天皇の言いなりになるのがわからない。一方、キツネの化身雅姫は自分の思い人を死にいたらしめた護良親王の暗殺を企てていた。

    価格

    1,430(税込)

    1,300円 (+消費税130円)

  • 文芸 白狐魔記4 戦国の雲

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    白駒山の仙人のもとで修行をつみ、人間に化けることができるようになった狐・白狐魔丸が、「人間とは何か」を追い求め、旅を続ける人気シリーズ、待望の第4巻。今回の舞台は戦国時代。室町幕府を倒し、「天下布武」を掲げて勢いを増す織田信長。信長に師匠を殺され、仇討ちを誓う鉄砲撃ちの少年・不動丸。さまざまな人間が交錯し、一人一人の思惑が複雑に絡まりあいながら歴史が動いていくさまを、ダイナミックに描いた力作。

    価格

    1,650(税込)

    1,500円 (+消費税150円)

  • 文芸 白狐魔記5 天草の霧

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    九州島原でキリシタンが蜂起した。江戸幕府から鎮定の命を受けた諸藩の軍が結集する中、白狐魔丸も一人の忍びの行方を追って島原へと赴く。そこでは圧政に苦しむ百姓たちが救世主を求め、一人の若い男を熱狂的に崇めていた。その男の名は天草四郎。なんと白狐魔丸も知らない技を操る、術の使い手だった…。狐の目を通して人間の歴史の不条理を見据えようとする意欲作。作者のライフワークともいえる骨太の大河ファンタジー。

    価格

    1,650(税込)

    1,500円 (+消費税150円)

  • 1
  • 2

付与コインの内訳

16コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「白狐魔記6 元禄の雪」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報