セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

幾度もの季節を重ね

幾度もの季節を重ね-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
リンダ・ウィンステッド・ジョーンズ
翻訳者
山本やよい
ジャンル
文芸
ハーレクイン(小説)
レーベル
MIRA文庫
出版社名
ハーレクイン(小説)
配信開始日
2015年05月14日
ページ概数
273 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

眠れぬ夜を重ねた二人は、ついに6年前の真実と向き合う――スリルと官能が交錯する、切なく蕩ける大人ロマンス!

グレースは6年前に別れた元夫レイと、今では友達付き合いをしている。だがそれは表向き。この6年グレースが恋と無縁だったのは、いまだに彼を忘れられないからだ。かたや元麻薬捜査官で女性遍歴の絶えないレイは、別れた後も2度の再婚と離婚をくり返し、グレースのこともさして気にかける風でもない。ただ別れた当時の話だけは、お互い露骨に避けていた。そんなある日、グレースは朝のジョギング中、一人の男が殺されるのを目撃してしまう。こちらに気づいた犯人に追われ、本能的に向かった先はもちろんレイのもとだったが……。

■リンダ・ハワードもその才能を認める全米ベストセラー作家の、極上ロマンティック・サスペンスが登場です。6年前に離婚したグレースとレイ――表向きは友達づきあいをしているものの、別れた当時の話はお互いに避け続けているという、どこかぎこちなく張りつめた二人ですが、そんなときにグレースが殺人事件を目撃してしまい…!? 切ない男と女の気持ちが溢れだす、大人向けで官能度もたっぷりのHOTなロマンス。6年前に二人が別れた理由とは? 女性にモテモテのレイが笑顔の裏に隠している過去とは? そして、目撃者として命を狙われることになったグレースの運命は? 一気読み間違いナシの1冊です。

これもおすすめ! ( / )

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
幾度もの季節を重ね 1マンガ

500円(+税)

リンダ・ウィンステッド・ジョーンズ/碧ゆかこ

ハーレクインコミックス

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ためらいの媚薬

750円(+税)

リンダ・ウィンステッド・ジョーンズ/山口まなみ

扶桑社BOOKSロマンス

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
妻の沈黙

830円(+税)

A・S・A・ハリスン/山本やよい

ハヤカワ・ミステリ文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
セプテンバー・ラプソディ

1170円(+税)

サラ・パレツキー/山本やよい

ハヤカワ・ミステリ文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
五匹の子豚

762円(+税)

アガサ・クリスティー/山本やよい

クリスティー文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
亡者のゲーム

900円(+税)

ダニエル・シルヴァ/山本やよい

ハーパーBOOKS

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
キリング4 解決

720円(+税)

デイヴィッド・ヒューソン/ソーラン・スヴァイストロップ/山本やよい

ハヤカワ・ミステリ文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
オリエント急行の殺人

762円(+税)

アガサ・クリスティー/山本やよい

クリスティー文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
幾度もの季節を重ね

700円(+税)

リンダ・ウィンステッド・ジョーンズ/山本やよい

MIRA文庫

価格
700円 (+税)
756円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:7コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
400 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです