ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

マンガ

ニコラオスの嘲笑(1)

あらすじ・内容

警視庁の刑事・森村つぐみは愛する息子・優馬を育てながら忙しい日々を送るシングルマザー。一方、倉庫作業のアルバイト青年・加治清は、ひょんなことから職場の田原まりもに興味を持ち始めるが、クリスマスイブの初デートの夜、凄惨な殺人事件が起きて……。「きらきらひかる」の郷田マモラが贈る、渾身の警察ミステリー、待望の電子化! 主婦と生活社刊。

作品情報

シリーズ
ニコラオスの嘲笑
著者
レーベル
週刊女性コミックス
出版社
主婦と生活社
カテゴリ
マンガ
ページ概数
163
配信開始日
2015/6/5
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

マンガ ニコラオスの嘲笑(18)

原作: 郷田マモラ

つぐみが刑事生命を賭けて臨んだ最後の取り調べで、加治清と真犯人の接点がついに見つかった! だが、起訴期限は目前で、証拠の確保と真犯人逮捕の時間はあまりにも少ない。つぐみはある確信を持って、田原まりもの家に向かうのだが…。週刊女性連載の人気警察サスペンス、いよいよ完結!

収録内容:「第6のサンタ!?」「真犯人は、山川由佳!!」「空き箱の奇跡」「真犯人逮捕へ…」「若手刑事たちの思い」「真犯人・山川由佳の生い立ち」「真犯人・山川由佳の犯行」「真犯人逮捕!!」「2つの再会」「ニコラオスの嘲笑」

価格

330(税込)

300円 (+消費税30円)

「ニコラオスの嘲笑」シリーズ作品一覧(全18冊)

0円〜330(税込)

  • マンガ ニコラオスの嘲笑(6)

    シングルマザーで敏腕刑事の森村つぐみは、ついに殺人事件の容疑者として加治清を逮捕するが、動機を含めて不可解な点が多く、悩んでいた。一方、松下係長は上司からの取り調べの全面可視化命令に猛然と反対、自分のやり方で清を完全自白に追い込もうとしていた。一方、残された清の家族は……。週刊女性連載中の警察ミステリー、いよいよ佳境へ!収録内容:「逮捕・連行される清」「清・逮捕の報道」「加害者とされた家族たちの動揺」「吉井管理官の離脱」「取り調べ、可視化への抵抗」(前編・後編)「取り調べ開始!」「弁解録種」(前編・後編)「母の錯乱」

    価格

    330(税込)

    300円 (+消費税30円)

  • マンガ ニコラオスの嘲笑(7)

    状況証拠を積み上げて加治清を逮捕したものの、刑事・森村つぐみは殺人の動機がどうしても理解できないでいた。それもそのはず、事件には「山川由佳」という真犯人がいたのだ。現場を指揮する松下係長は取り調べの全面可視化を断って清を問い詰めるが、清は身に覚えがない犯行を認めるわけにはいかない。「もう嘘はつかない。本当のことを話そう」と決意する清だが…。週刊女性連載中。収録内容:「松下係長の逆襲」、「選ばれし、警視庁捜査一課」、「冤罪の仮説〈前編〉」、「冤罪の仮説〈後編〉」、「加治 清と話がしたい!!」、「わかりあえない2人」、「一般市民の歓喜」、「松下係長の作戦変更」、「ぼくは やっていない!!」、「松下係長の敗北」

    価格

    330(税込)

    300円 (+消費税30円)

  • マンガ ニコラオスの嘲笑(8)

    刑事の森村つぐみにとっても容疑者の加治清にとっても、長い長い一日が終わろうとしていた。だが、取調べが終われば帰れると信じていた清は留置場での待遇に驚き、悲しみ、ほとんど眠らない夜を過ごすことに。明くる日、否認を続ける清を追い詰めるため、松下係長は凶器の入手経路解明をつぐみたちに命じる。一方、凄惨な事件の犯人として清の情報がネットに拡散、その被害は婚約者の田原まりもの家にも…。週刊女性連載中。 収録内容:「拘留者番号「15番」」、「長い、長い一日の終幕」、「留置場の係員たち」、「私って、ちゃんと笑える……」、「捜査検事・藤 幸一郎」、「田原家への攻撃」、「丸裸にされる……!!」、「暴かれる、清の過去」、「清の二面性」、「新たなる証人!?」

    価格

    330(税込)

    300円 (+消費税30円)

  • マンガ ニコラオスの嘲笑(9)

    殺人事件の容疑者として逮捕された加治清は弁護士との面会を状況打開の唯一の望みと考えていたが、あいにく国選弁護人にはその熱意がなく、さらに絶望の淵に追いやられることに。刑事の森村つぐみと小倉雅文は物的証拠になるはずの凶器探しを続けていたが、手がかりはつかめない。一方、清の取調べを行う松下係長は警視庁の上層部から呼び出しを受け……。週刊女性連載中。
    収録内容:「当番弁護士」、「学閥の宴」、「藤検事の家庭の事情」、「家族たちへの想い」、「或る冤罪被害者の叫び」、「つぐみからの言葉」、「ネットの誹謗中傷」、「まりもの危機」、「被害者の「心」を想像しろ!!」、「上層部からの通達」

    価格

    330(税込)

    300円 (+消費税30円)

  • マンガ ニコラオスの嘲笑(10)

    上層部による露骨な圧力を受けて松下係長はついに違法な取り調べを実行、容疑者・加治清は肉体的にも精神的にも追いつめられる。同時に、捜査一課の刑事たちは、有罪の重要証人となる可能性のある「逃げた少年」の捜索範囲を広げることに。一方、森村つぐみは清の上司、そして恋人の田原まりもの供述を取ろうとする…。

    収録内容:「捜査1課6係の焦り」、「突然の監視」、「つぐみ、まりもと会う」、「田原笑子の訴え」、「死刑にはならない!?」、「藤検事との遭遇」、「小倉雅文の苛立ち」、「悪魔の違法行為(1)」、「桜川捜査一課長の葛藤」、「藤検事の疑問」

    価格

    330(税込)

    300円 (+消費税30円)

おすすめ特集

付与コインの内訳

0コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「ニコラオスの嘲笑(1)」評価・レビュー

評価

3.1
ニコラオスの嘲笑(1)

この画像はiPadで閲覧した場合のサンプルです。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報