セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

3/25ゲリラコイン最大55倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

中国に生きた外国人 不思議ホテル北京友誼賓館

中国に生きた外国人 不思議ホテル北京友誼賓館-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

小池晴子
ジャンル
実用
レーベル
――
シリーズ
中国に生きた外国人 不思議ホテル北京友誼賓館
出版社名
径書房
配信開始日
2016年07月27日
ページ概数
279 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

北京にあった外国人専用・長期滞在型ホテル。広大な敷地に囲まれ、外界から隔てられたそのホテルには、数奇な運命を生きた米国人・英国人・日本人などが、中国政府から「専家」の称号を与えられ、手厚く保護されて暮らしていた……。

敗戦後、抗米武装闘争路線を推進した日本共産党が、中国で立ち上げた秘密組織「北京機関」。なかば強制的にその機関で働かされた日本人。
原爆製造に関わりながらも、それを日本に投下したアメリカ政府に絶望。国を捨ててFBIからスパイとして追われたアメリカの女性原子物理学者。
中国の文学作品を英訳して世界に送り出したイギリス人。中国で起きていることを世界に向けて発信しつづけたポーランド生まれのジャーナリスト。

毛沢東のプロレタリア革命に湧いた中国。文化大革命の狂気に曝された中国。改革開放に舵を切った中国──。貧しさに耐え、投獄されたり家族を失ったりしながらも、激動の時代をくぐり抜けて生きた彼らは、いま老いて歴史のなかに消え去ろうとしている。
偶然、北京友誼賓館に滞在することになった著者が、軽やかな視点で描き出す中国に生きた外国人たち。国家や思想に翻弄され、飲み込まれながら生きざるを得ない私たちに、彼らが語りかけるものとはなにか。

これもおすすめ! ( / )

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
週刊アスキー No.1119 (2...

333円(+税)

週刊アスキー編集部

週刊アスキー

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
『この素晴らしい世界に祝福を!』×...

1000円(+税)

MF文庫J編集部

コミックキューン

オトク!!

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
食材の切り方便利帖

100円(+税) (03/30まで)

主婦と生活社

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
anan (アンアン) 2017年...

426円(+税)

anan編集部

――

NEW!

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ファイナルファンタジーXIV 光の...

1450円(+税)

マイディー

――

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
これ以上やさしく書けない 問題解決...

667円(+税)

西村克己

Panda Publishing

実用

  • 無料でもらう
  • カートに入れる
宇宙へのパスポート

0円(+税)

笹本祐一

笹本祐一

オトク!!

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ひとり暮らしの簡単!自炊BOOK

100円(+税) (03/30まで)

主婦と生活社

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
中国に生きた外国人 不思議ホテル北...

1140円(+税)

小池晴子

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1140円 (+税)
1231円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら398コイン(※)
11 + 387コインUP
2017/03/26 11:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
840 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです