ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍

プロジェクトを成功に導く組織モデル チームの「やる気」はなぜ結果に結びつかないのか

著者
浦正樹
価格
1900円 1,900 (+税)
獲得コイン
今なら 570 コイン 2017/11/25 09:59まで

獲得コイン570コインの内訳

通常購入分
19コイン
コインUPキャンペーン分
+551コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
日本のプロジェクト現場では、プロジェクトチームは心血を注いでプロジェクトに向き合い、ゴールを目指していますが、その努力が常にむくわれるわけではありません。たとえば、チームの自己犠牲的な努力だけでは解決できない状況も発生します。この窮地を救うことができるはずの組織が適切な対応をとれないのでは、プロジェクトはゴールを達成できません。また必死の思いでゴールは達成できたとしても、その成果が組織の収益やビジネス価値の向上につながらないこともよくあります。このような状況に陥ってしまう組織は、プロジェクトに対する戦略的な取り組みを欠いています。そして、内部統制や工事進行基準、経営資源の効率的な活用やキャッシュフロー経営など、ここ数年の経営課題の多くは、プロジェクトに対するガバナンスの強化を求めています。しかし、経営が現場寄りで行われてきた日本の組織にとって、これはそう簡単ではありません。だからといって、文化や価値観が異なる海外のベストプラクティスを鵜呑みにしてしまったのでは、もともとのよさが失われてしまいます。
「PMOやマネジメントプロセスなどのビジネス面の整備、それをかたちにするためのITの実装、いったい何から手をつければよいのだろうか」
本書は、このような現場優位という日本独特の事情を考慮した組織モデルを提案し、経営と現場をどのようにつなぎ、どう分離すればよいのか、それを考えていただくための糸口と具体的なイメージを提供しています。
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「プロジェクトを成功に導く組織モデル チームの「やる気」はなぜ結果に結びつかないのか」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
270

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2015/5/29
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面