セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

8歳から80歳までの世界文学入門~対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義4~

8歳から80歳までの世界文学入門~対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義4~-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

沼野充義
ジャンル
文芸
レーベル
――
シリーズ
対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義
出版社名
光文社
配信開始日
2016年10月28日
ページ概数
321 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

本を読むのに早すぎるも遅すぎるもない! 創作の最前線で活躍し、またプロの本読みでもある作家・翻訳家たちが、みずからの読書遍歴や、自著にまつわるエピソード、世界文学への思いを熱く語る! 世界と日本の文学を知り尽くす東大・沼野教授の好評対談集第4弾。ゲスト:池澤夏樹、小川洋子、青山南、岸本佐知子、マイケル・エメリック。

「対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義」シリーズ ( 4 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
世界は文学でできている~対話で学ぶ...

日本国内のみ販売

沼野充義

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
やっぱり世界は文学でできている~対...

日本国内のみ販売

沼野充義

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
それでも世界は文学でできている~対...

日本国内のみ販売

沼野充義

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
8歳から80歳までの世界文学入門~...

1000円(+税)

沼野充義

――

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ソラリス

900円(+税)

スタニスワフ・レム/沼野充義

ハヤカワ文庫SF

コインUP

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
チェーホフ 七分の絶望と三分の希望

2000円(+税)

沼野充義

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
新訳 チェーホフ短篇集

1280円(+税)

アントン・チェーホフ/沼野充義

集英社文芸単行本

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
世界の名作を読む 海外文学講義

800円(+税)

工藤庸子/池内紀/柴田元幸/沼野充義

角川ソフィア文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
かもめ

400円(+税)

アントン・チェーホフ/沼野充義

集英社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
おかしな転生I アップルパイは笑顔...

950円(+税)

古流望/結賀さとる

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
傾物語

1300円(+税)

西尾維新/VOFAN

講談社BOX

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
幼女戦記 2 Plus Ultra

1000円(+税)

カルロ・ゼン/篠月しのぶ

――

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
8歳から80歳までの世界文学入門~...

1000円(+税)

沼野充義

――

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1000円 (+税)
1080円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら300コイン(※)
10 + 290コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
700 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです