セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

梅雨入り直前(T_T 長雨に備えるコイン35倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

北極大異変(集英社インターナショナル)

北極大異変(集英社インターナショナル)-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
エドワード・シュトルジック
著者
園部哲
ジャンル
文芸
レーベル
集英社インターナショナル
出版社名
集英社
配信開始日
2016年06月24日
ページ概数
216 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

2016年は北極が注目される年だ。アメリカを議長国として北極評議会が開催され、北極圏8カ国などがその未来を協議した。僻地と思われている北極では、実は、エネルギー、環境、領土争い、少数民族の保護など、世界がいま直面している問題が山積し、地球の未来を占う場所と考えられている。いま北極では、地球気温上昇による解氷・氷河の後退で、北極海の航行が可能になったことにより、石油や天然ガスなどの資源開発が加速度的に進んでいる。しかし、法整備や事故対策がまったく追いついていない。現在の北極で、過去に何度も起きたような原油流出事故が起こったら、海と生物は為す術もなく大汚染され、取り返しのつかない大惨事となる。著者は、異変が起きている北極圏の現場を35年以上にわたって調査し、住民のイヌイットや科学者への綿密な取材で起こりうる危機を一冊にまとめた。国土に北極圏を含むカナダ人が書いた、北極のすべてがわかる唯一の本。科学者・福岡伸一氏、冒険家・角幡唯介氏も絶賛、推薦! 原題「FUTURE ARCTIC」

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
蜘蛛ですが、なにか? 5

1200円(+税)

馬場 翁/輝竜司

カドカワBOOKS

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
異世界人の手引き書 3

1200円(+税)

たっくるん/パセリ

カドカワBOOKS

オトク!!

コインUP

文芸

  • Check!
  • カートに入れる
φは壊れたね PATH CONNE...

93円(+税) (05/31まで)

森博嗣

講談社文庫

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ムカシ×ムカシ REMINISCE...

504円(+税) (05/31まで)

森博嗣

講談社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ちょっと今から仕事やめてくる

530円(+税)

北川 恵海

メディアワークス文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
歌姫島の支配人候補

680円(+税)

兎月竜之介/フライ

NOVEL 0

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
遺跡発掘師は笑わない 元寇船の眠る...

560円(+税)

桑原水菜

角川文庫

オトク!!

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
中国怪奇物語<神仙編>

350円(+税) (06/01まで)

駒田信二

講談社文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
北極大異変(集英社インターナショナ...

1200円(+税)

エドワード・シュトルジック/園部哲

集英社インターナショナル

コインUPキャンペーン対象商品
価格
1200円 (+税)
1296円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら420コイン(※)
12 + 408コインUP
2017/05/29 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
900 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです