セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

RIKOシリーズ【全3冊 合本版】 『RIKO ─女神の永遠─』『聖母の深き淵』『月神の浅き夢』

RIKOシリーズ【全3冊 合本版】 『RIKO ─女神の永遠─』『聖母の深き淵』『月神の浅き夢』-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
柴田よしき
ジャンル
文芸
日本文学
レーベル
角川文庫
出版社名
KADOKAWA / 角川書店
配信開始日
2016年10月25日
ページ概数
1555 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

人間の心の核に鋭く迫る、警察小説シリーズ合本版がついに登場! 男性優位主義が色濃く残る巨大な警察組織。刑事として、女性として、母として――緑子はひたむきに生きる。

『RIKO ─女神(ヴィーナス)の永遠─』:男性優位な警察組織の中で、女であることを主張し放埒に生きる刑事・村上緑子。彼女のチームが押収した裏ビデオには、男が男に犯され殺されていく残虐なレイプが録画されていた――。第15回横溝正史賞受賞作。

『聖母(マドンナ)の深き淵』:一児の母となり、下町の所轄署で穏やかに過ごす緑子の前に現れた親友の捜索を頼む男の体と女の心を持つ美女。保母失踪、乳児誘拐、主婦惨殺。関連の見えない事件に隠された一つの真実とは。シリーズ第2弾。

『月神(ダイアナ)の浅き夢』:若い男性刑事だけを狙った連続猟奇事件が発生。手足、性器を切り取られ木に吊された刑事たち。残虐な処刑を行ったのはいったい誰なのか? 一児の母として幸せを噛みしめる緑子は、最後の事件のつもりで引き受ける。だがそんな彼女を、あまりに苛酷な捜査が待ち受けていた――。シリーズ第3弾。

※本電子書籍は『RIKO ─女神(ヴィーナス)の永遠─』『聖母(マドンナ)の深き淵』『月神(ダイアナ)の浅き夢』を1冊にまとめた合本版です。

(C)Yoshiki SHIBATA 1995, 1998

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小袖日記

593円(+税)

柴田よしき

文春文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
象牙色の眠り

546円(+税)

柴田よしき

文春文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ふたたびの虹

540円(+税)

柴田よしき

祥伝社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
フォー・ユア・プレジャー

752円(+税)

柴田よしき

講談社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
恋雨

861円(+税)

柴田よしき

文春文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
聖なる黒夜【上下 合本版】

1380円(+税)

柴田よしき

角川文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
シーセッド・ヒーセッド

714円(+税)

柴田よしき

講談社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
Miss You

630円(+税)

柴田よしき

文春文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
RIKOシリーズ【全3冊 合本版】...

2020円(+税)

柴田よしき

角川文庫

コインUPキャンペーン対象商品
価格
2020円 (+税)
2182円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら605コイン(※)
20 + 585コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1720 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです