セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

原油暴落の謎を解く

原油暴落の謎を解く-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

岩瀬昇
ジャンル
新書
レーベル
文春新書
シリーズ
原油暴落の謎を解く(文春新書)
出版社名
文藝春秋
配信開始日
2016年07月01日
ページ概数
213 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

石油の価格は、いったい誰が決めるのか?「今でも石油の価格は、OPECとセブンシスターズ(欧米の巨大石油資本企業)が裏で話し合って決めているのでしょう?」私たちの生活に大きな影響を与える石油価格。しかし今でもこうした誤解がはびこっている。商社に入社以来、40年以上にわたってエネルギー関連事業にたずさわり、現在はエネルギーアナリストとして活躍する著者が、石油価格のメカニズムをビジネスマン向けに徹底解説。また、エネルギーに関する海外のオピニオンを紹介しつつ、いまエネルギー事業が直面している構造変化と、それがもたらすであろう国際情勢の変化を論じる。<おもな目次>●第一章 原油大暴落の真相波瀾万丈の2016年が明けた/資源を「爆買い」した中国/シェールオイルの「強靭性」 など●第二章 今回が初めてではない資金ショートか、大油田発見か/強欲独占、ロックフェラー/非OPEC原油が勢いづく など●第三章 石油価格は誰が決めているかOPECとセブンシスターズが裏取引?/市場を動かす「先物取引」/中国勢の価格操作疑惑 など●第四章 石油の時代は終わるのか石油が枯渇する心配はない/シェール革命の何が「革命」だったのか/石油は「西から東へ」の時代に など●第五章 原油価格はどうなる?長期、短期の需要予測/隠された余剰生産能力/エクソンはなぜ読み違えたのか など

これもおすすめ! ( / )

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ラブホの上野さんの恋愛相談 2【電...

1200円(+税)

上野

eロマンス新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
誰も教えてくれない人を動かす文章術

600円(+税)

齋藤孝

講談社現代新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
20歳若返る筋トレ(小学館新書)

日本国内のみ販売

坂詰真二

小学館新書

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
漫画・うんちくSEX

日本国内のみ販売

室井まさね

メディアファクトリー新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
世界一豊かなスイスとそっくりな国ニ...

700円(+税)

川口マーン惠美

講談社+α新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
身近にある毒植物たち “知らなかっ...

1000円(+税)

森昭彦

サイエンス・アイ新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
天気と気象がわかる!83の疑問 気...

900円(+税)

谷合稔

サイエンス・アイ新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
マンガでわかる 営業に向かない…と...

720円(+税)

渋谷昌三/渡辺保裕

じっぴコンパクト新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
原油暴落の謎を解く

787円(+税)

岩瀬昇

文春新書

コインUPキャンペーン対象商品
価格
787円 (+税)
850円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら235コイン(※)
7 + 228コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
487 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです