ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

ホーンテッド・キャンパス 夏と花火と百物語

著者
櫛木理宇
イラスト
ヤマウチシズ

あらすじ・内容

こよみちゃんと花火大会!の筈が、百物語が開催され恐怖に怯える森司だが…

この世で最もリア充なイベント、それでは、好きな女子との花火大会!…のはずが、その会場でオカ研メンバーたちと百物語をすることになった森司。ラストはどんでん返しも待っている、大人気シリーズ最新刊!

電子書籍 読み放題 めがイラスト
価格

704(税込)

640円 (+消費税64円)

付与コイン
6(*詳細)

作品情報

シリーズ
ホーンテッド・キャンパス(角川ホラー文庫)
著者
レーベル
角川ホラー文庫
出版社
KADOKAWA
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
333
配信開始日
2018/10/24
底本発行日
2018/10/25
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

文芸 ホーンテッド・キャンパス だんだんおうちが遠くなる

著者: 櫛木理宇

今年も残すところあと数日。世間は完全に正月ムードの中、雪越大学三年生の八神森司は、アパートの自室でとぐろを巻き、孤独な年越しを決めていた。例のクリスマスイブから数日たち、その騒動でなくしてしまったネクタイをこよみと買いに行く約束をしていたのだが、大雪の心配があった。こんな日は家にずっといたい――と思っていたその時、雪大オカ研のメンバーから召集のLINEが入った。今回の依頼主は、かつてタレント占い師として名をはせていた如月妃映こと蒔苗紀枝だった。その奇怪な相談内容は、「自宅でいつも、自分が死んでいる――」というものだった。大雪の降る中、オカ研メンバーの推理が冴えるシリーズ19弾。

価格

748(税込)

680円 (+消費税68円)

「ホーンテッド・キャンパス(角川ホラー文庫)」シリーズ作品一覧(全19冊)

594円〜748(税込)

おすすめ特集

付与コインの内訳

6コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「ホーンテッド・キャンパス 夏と花火と百物語」評価・レビュー

評価

4.7
お得な情報