セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

葉隠物語マンガ

葉隠物語-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • 完結
著者
藤原芳秀
原作
安部龍太郎
ジャンル
マンガ
男性向け
完結
レーベル
SPコミックス
シリーズ
葉隠物語シリーズ
出版社名
リイド社
配信開始日
2015年05月25日
ページ概数
303 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

直木賞作家・安部龍太郎が、武士道の代名詞たる『葉隠』を佐賀鍋島藩の成り立ちと数多の“曲者”たちの物語として描いた傑作歴史小説を、『拳児』『闇のイージス』などで知られる実力派・藤原芳秀がコミック化。時代劇コミック誌「コミック乱ツインズ」連載中の本作品が待望の単行本化。
武士道とは? 忠義とは?──現代社会を生き抜くヒントとなる、骨髄に徹した真の武士の物語。
「武士道といふは、死ぬことと見つけたり」
理不尽な理由で牢人になった佐賀藩士・田代陣基が佐賀鍋島藩の伝説的な“曲者”山本常朝と出会い、その鮮烈で「骨髄に徹した」思想に魅せられて弟子入りすることから、この物語は始まる。
常朝から語られる、肥前・龍造寺家の家老であった鍋島直茂の、肥前国を守るための永く困難な苦闘、そして佐賀鍋島武士ならではの“曲者(命知らずの剛胆な者)”たちの、過激なエピソードの数々。
「武士道」の真髄に迫る、矜恃と教訓の物語。

(c)YOSHIHIDE FUJIWARA/RYUTARO ABE 2015

葉隠物語シリーズ ( 2 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
葉隠物語マンガ

730円(+税)

藤原芳秀/安部龍太郎

SPコミックス

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
葉隠物語 2マンガ

800円(+税)

藤原芳秀/安部龍太郎

SPコミックス

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
蒼き信長(上)

500円(+税)

安部龍太郎

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
生きて候 上

550円(+税)

安部龍太郎

集英社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
維新の肖像

1278円(+税)

安部龍太郎

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
おんなの城

1111円(+税)

安部龍太郎

文春e-Books

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
風の如く 水の如く

650円(+税)

安部龍太郎

集英社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
恋七夜

650円(+税)

安部龍太郎

集英社文庫

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
五峰の鷹

日本国内のみ販売

安部龍太郎

――

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
彷徨える帝(上)

740円(+税)

安部龍太郎

角川文庫

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
葉隠物語マンガ

730円(+税)

藤原芳秀/安部龍太郎

SPコミックス

コインUPキャンペーン対象商品
価格
730円 (+税)
788円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら218コイン(※)
7 + 211コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
430 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです