セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

λ(ラムダ)の箱舟マンガ

λ(ラムダ)の箱舟-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
秦和生
ジャンル
マンガ
女性向け
レーベル
リュエルコミックス
出版社名
実業之日本社
配信開始日
2015年05月20日
ページ概数
202 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

父と子─―家族の絆を取り戻すには

WEBサイト「COMICリュエル」にて連載し話題となった、1920年の英国を舞台にした父子+1(女性)の絆を描いた物語。! 生い立ちも価値観も違う3人、カタブツ言語学者・ボーン教授とアウトローの息子・ルディ、そして修道院育ちの女性秘書・バレンタインが一つ屋根の下で暮らし始める。ボーン教授はかつて、そのたぐいまれな言語解読能力をかわれ、軍の指揮下で暗号解読や暗号作成に関わった。第一次大戦が終わり大学に戻ったが、国家機密を知りながら普通の生活を送るボーン教授の存在を、いつしか軍は危険人物としてマークする。そんな時、息子のルディが刑務所から出所してきた。かつて父のことを拒絶していたルディであったが、秘書・バレンタインの仲介もあって、次第に父との関係を修復し、新しい仕事として父のボディガードをすると決意する。心が離れていた父と息子は、行動を共にするようになり、同居するおせっかい焼きの秘書・バレンタインとの生活の中で、今までのわだかまりが少しずつとけていく…。著者初の単行本。WEB連載中から、作品の魅力の虜になる読者が急増! 単行本化に際し、描き下ろし漫画を大幅加筆。

(C)秦 和生/実業之日本社

これもおすすめ! ( / )

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
文豪失格 文豪の恥ずかしい手紙編マンガ

612円(+税)

千船翔子/AIRAGENCY・フロンティアワークス/一柳廣孝

リュエルコミックス

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
かぶきドロップマンガ

583円(+税)

糀谷キヤ子

リュエルコミックス

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
お嬢と七匹の犬 1マンガ

612円(+税)

岩飛猫

リュエルコミックス

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
芸者さんの言うとおりマンガ

612円(+税)

ばたこ

リュエルコミックス

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
たまゆらきつねマンガ

583円(+税)

一色

リュエルコミックス

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
水族館ガールマンガ

583円(+税)

木宮条太郎/天樹あおい

リュエルコミックス

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • 完結
  • 限定特典
マドンナはガラスケースの中(2)マンガ

612円(+税)

スガワラエスコ

リュエルコミックス

コインUP

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
オネェ吸血鬼と笑わないメイド 1マンガ

583円(+税)

倉野ユーイチ

リュエルコミックス

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

マンガ

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
λ(ラムダ)の箱舟マンガ

680円(+税)

秦和生

リュエルコミックス

コインUPキャンペーン対象商品
価格
680円 (+税)
734円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら203コイン(※)
6 + 197コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
380 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです