ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍

狸の狂想曲

釈一極
価格
350円 350 (+税)
獲得コイン
3 コイン

獲得コイン3コインの内訳

通常購入分
3コイン
コインUPキャンペーン分
+0コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
医者に見放された難病の老人が、宗教の神託を信じて狸を食ったお蔭で、医者に1年といわれた余命を長引かせることができた。それを知っていた近所の川上銀次は自分が同じ病気になったとき、老人に狸を捕まえて食わせていたその息子の大川春吉に、狸の捕獲を頼んだ。折も折、春吉の家に狸が忍び込んできて家族が食べる料理を盗み食いをした狼藉を発見した。春吉は夜を待って待ち伏せをしてその狸を殴り殺したのだが、明かりをつけてみるとそれは狸ではなく、病気の神託を下す神の使わしめの猿であった。これは大変なことをしてしまった。春吉は殺した猿を隠すために必死になるが、同時に新たに狸を捕まえなくてはならない。狸の肉を待つ銀次の容体は日に日に悪くなって、銀次はついに気が狂ったような状態になってきた。早く狸を食わせなくては銀次は死んでしまうかもしれない。切羽詰まった時に、山で狸の居場所が分かった。春吉は万全の構えで狸の捕獲にかかるのだが、そのとき意外なお告げが神から降りたのである。春吉は愕然とした。しかし、春吉には新たなお告げにも対処できる隠し技があったのだが……。■著者コメント■医者に見放された難病を治すために怪しげな神に命乞いをする男と、それに便乗して神が指定した狸の肉を提供しようとする男が様々な障害を乗り越えてあと一息で狸を提供できそうになったとき、思いもかけない神の神託がすべてを水の泡としてしまうのであった。
新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「狸の狂想曲」を見ている人にこれもおすすめ

「狸の狂想曲」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
62

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2015/4/27
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューワー
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
最近見た作品

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューワー
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面