セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

ナショナリズムの克服

ナショナリズムの克服-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

著者
姜尚中
著者
森巣博
ジャンル
新書
レーベル
集英社新書
出版社名
集英社
配信開始日
2015年09月18日
ページ概数
262 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

在日の立場から、長年、「日本」について鋭い批判と分析をつづけてきた姜尚中と、オーストラリア在住の国際的博奕打ちで作家の森巣博という、異色の対談が実現しました。テーマは1990年代以降、日本に吹き荒れている、ナショナリズムの嵐です。第一部で、日本型ナショナリズムの歴史を通観。第二部で、グローバル化によって変質する国民国家像と、国境なき後の世界の未来について、刺激的な意見交換を繰り広げます。国家とは何か、民族とは何か、故郷とは何か。本書は、ナショナリズムを理解し、何者をも抑圧しない生き方を模索するための入門書です。【目次】第一部 ナショナリズム・自由をめぐる対話――東大教授、豪州博奕打ちに会いに行く/序章 石原慎太郎の「中国人犯罪者民族的DNA」発言を容認してしまう空気は何か?/第一章 姜尚中教授の特別課外授業スタート! 講座名はズバリ、「日本ナショナリズム小史」/第二章 知られざる在日韓国・朝鮮人二世の青春――経済ナショナリズム体制下の、姜尚中の個人的体験/第二部 グローバリズム・故郷をめぐる対話――豪州博奕打ち、東大教授に会いに行く/第三章 知られざる和製イージー・ライダーの青春――グローバリズムの渚における、森巣博の個人的体験/第四章 民族概念をいかに克服するか/終章 無族協和を目指して/あとがき/人物・用語解説/推薦図書、厳選二十一冊!

これもおすすめ! ( / )

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ラブホの上野さんの恋愛相談 2【電...

1200円(+税)

上野

eロマンス新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
異世界転生して勇者になろう! アン...

600円(+税)

板垣 ハコ/米田和佐/真西 まり/田村 ヒロ/オンディ

REXコミックス

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
「経理」や「原価計算」の超基本をサ...

398円(+税)

吉田延史/吉田亜由美

impress QuickBooks

オトク!!

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
漫画・うんちくSEX

日本国内のみ販売

室井まさね

メディアファクトリー新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
誰も教えてくれない人を動かす文章術

600円(+税)

齋藤孝

講談社現代新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
20歳若返る筋トレ(小学館新書)

日本国内のみ販売

坂詰真二

小学館新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
図解でかんたんアルゴリズム 情報処...

900円(+税)

杉浦賢

サイエンス・アイ新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
民間薬の科学

1100円(+税)

船山信次

サイエンス・アイ新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
ナショナリズムの克服

600円(+税)

姜尚中/森巣博

集英社新書

コインUPキャンペーン対象商品
価格
600円 (+税)
648円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら180コイン(※)
6 + 174コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
300 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです