ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • 画集・イラスト集 コイン40%還元フェア
はじめてのお客さまへ
電子書籍

八咫烏外伝 烏百花 蛍の章

税込価格
1,223 (1,112円+消費税111円)
付与コイン
11 コイン

付与コイン11コインの内訳

会員ランク(今月ランクなし)
1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

★ ★ ★ ★ ★

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
電子版特典として著者による切り絵とショートエッセイを収録
八咫烏外伝 烏百花 蛍の章

累計100万部に育ったヒットシリーズの番外作品集。第一部全6巻の壮大な歴史の流れの中、キャラクターたちは一方でどんな人間関係を結び、どんな風に育ち、事件の裏側でなにを思っていたのか。本編で描かれることがなかったそれぞれの物語には、著者ならではの深い人間観、切れ味鋭くキラキラした直球の感動と展開が満ちています。
オール讀物に一編ずつ掲載され、電子書籍でも快調な売り上げを記録する4編「しのぶひと」「ふゆきにおもう」「すみのさくら」「まつばちりて」に加え、ファンの間でも熱い関心の的である二人の恋愛の萌芽を描く「わらうひと」、シリーズ人気沸騰の立役者・雪哉と若宮が軽妙なやりとりを展開する「ゆきやのせみ」の二編を書き下ろし。
後に控える「第二部」の前に、ファンには喉から手が出るほど魅惑的な短編集となることはもちろん、本編を読んでいない人にも、異世界が舞台のリアルで鮮烈な人間ドラマ集として強くアピールできるはず。天才・阿部智里の世界を知る格好の一冊です。

電子書籍版限定で、著者が本編のある場面をイメージして作成した切り絵と、切り絵と創作にまつわるショートエッセイを収録しています!
新規会員登録
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「八咫烏外伝 烏百花 蛍の章」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
270

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2018/5/10
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
この作品を共有

「八咫烏シリーズ(文春e-book)」シリーズ作品一覧(10冊)

205円〜1,223(税込)

八咫烏シリーズ(文春e-book)のシリーズ詳細ページへ

「八咫烏外伝 烏百花 蛍の章」のおすすめコメント

  • ファン必見!登場人物たちの裏話

    SS典子BOOK☆WALKER スタッフ

    登録日:2019/01/16

    「諦めましたよ どう諦めた 諦め切れぬと 諦めた」

    叶う事のない恋、それでもどうしようもない切なさの伝わる一文にキュンとしたり、
    本編では語られなかった登場人物たちの過去にホロリとするハズレ無しの短編集。

    浜木綿の壮絶な過去を描いた「すみのさくら」、女として生まれ男として職を得た秘書官の松韻「まつばちりて」ではそれぞれ違った“強さ”と“美しさ”に心を打たれます。
    特に松韻の愛の物語は、情熱的で切なく涙なしには読めません。

    そして本編でも少々気になる二人“真赭の薄”と“澄尾”の外伝「わらうひと」では、
    彼女の視点からみた澄尾と二人の微笑ましいやり取りにニヤニヤが止まりません。
    澄尾、かっこよすぎる。

    「ゆきやのせみ」では振り回される雪哉と若宮の横暴さにほっこり。
    第二部への期待が高まる1冊です。

他の作品のコメントを見る

「八咫烏外伝 烏百花 蛍の章」に関連した特集&キャンペーン

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面
お得な情報