ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

ARToolKitを使わずにARマーカーの認識をフルスクラッチで作る方法

著者
柳井政和

あらすじ・内容

JavaでARマーカー認識プログラムを、フルスクラッチで書いた時のレポート。各種アルゴリズムを解説。

Javaで「NyARToolKit」互換のARマーカー認識プログラムを、フルスクラッチで書いた時のレポートです。

 入力画像からマーカーを検出して、3D上に配置するまでのアルゴリズムを解説しています。

 ARマーカーを認識する基本的な処理の流れとともに、その処理の内容を、文章と図で説明しています。

-目次-

● はじめに
  AR マーカー
  ARToolKit
  独自ARマーカー認識プログラム開発の経緯
  独自ARマーカー
● アルゴリズムの大枠
  はじめに
  処理の流れ
  用語解説
● プログラムを書く前に
  GC対策
  オブジェクトの参照
  ループの判定内で計算を行わない
  キャストを避ける
  配列のコピーには、System.arraycopyを使う
  その他細かな無駄を省く
● 画像の加工
  ガウス・フィルタ
  2値化
  ラベリング
  ラベルの排除
  ラベルに付随して記録する値
  通常のARマーカーを認識する方法
● パターン認識
  ラベルのソート
  パターン形成
  4×4の行列を符号化
● 空間認識
  はじめに
  モデル・ビューのX軸、Y軸、Z軸を計算
  Z方向の移動量を計算
  X、Y方向の移動量を計算
  モデル・ビューの行列を生成
● 終わりに

電子書籍 コイン
価格

330(税込)

300円 (+消費税30円)

付与コイン

2/9 (木) 09:59まで

120(*詳細)

作品情報

シリーズ
るてんのプチ技術書
著者
レーベル
柳井政和
出版社
柳井政和
カテゴリ
実用
ページ概数
67
配信開始日
2018/1/16
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 JavaScript エラーメッセージ大研究

著者: 柳井政和

JavaScriptのエラー メッセージについて、サンプル コードと、Chrome、Firefoxでのログを掲載して解説した本です。

プログラミングの初心者は、エラー メッセージを読まないことが多いです。そのため、エラー メッセージを読むこと、その内容を調べることをよく伝えます。また、MDNの「JavaScript エラーリファレンス」をすすめます。

本書では、MDN の「JavaScript エラーリファレンス」を元に、その全てをサンプル コードを書いて検証しました。実際に実行すると、Chrome と Firefox でエラー メッセージが異なっていたり、挙動が違っていたりすることが分かります。本書では、このサンプル コードとエラー メッセージを全て掲載して解説しています。

本書で取り上げている項目は、2022年9月1日時点で MDN の「JavaScript エラーリファレンス」に掲載されているものです。サンプル コードとともに、実際にはどのようなエラーが発生するのかを確認してください。

目次は以下になります。

- 目次 -

まえがき
第1章:ReferenceError
第2章:SyntaxError
第3章:TypeError
第4章:RangeError
第5章:URIError、InternalError、Error
第6章:Warning
あとがき
巻末付録

コイン2/9 (木) 09:59まで

価格

550(税込)

500円 (+消費税50円)

「るてんのプチ技術書」シリーズ作品一覧(全19冊)

330円〜1,980(税込)

  • 実用 ElectronとHTML5で作るGUIアプリ入門

    2022-11-17 ver 1.4.0
     ・Electron 21.0.1 に対応。

    2021-10-09 ver 1.3.0
     ・Electron 15.0.0 に対応。
     ・preload版、Node使用版同梱。
     ・28→38ページに増量。

     HTMLレンダリングエンジンWebkitに、JavaScriptの実行環境node.jsが合体した『Electron』を利用すれば、HTML5の知識を利用してGUIアプリケーション(WinwosのEXEファイル)を作成できます。

     『Electron』は、『Atom』や『Visual Studio Code』など、多くのソフトウェアで採用されている開発環境です。

     この『Electron』を使って、GUIアプリケーションを作成する勘所を、本書ではまとめています。

     サンプルとしてシンプルな「マークダウンエディタ」を作り、その全ソースコードを掲載しています。

    -目次-

    前書き
    第1章 環境構築
      1 nodistを利用したNode.jsの環境構築
      2 Electronの環境構築
      3 package.json
      4 [preload利用] はじめの一歩
      5 [Node利用] はじめの一歩
      6 実行
    第2章 Electron特有の知識
      1 Node.jsとElectronの機能
      2 メインとレンダラー 2つのプロセス
      3 IPC - プロセス間通信
      4 メニューとショートカット
    第3章 配布用パッケージの作成
      1~6
    第4章 [preload利用] メイン プロセス側のコード
      1~5
    第5章 [preload利用] レンダラー プロセス側のコード
      1~9
    第6章 [Node利用] メイン プロセス側のコード
      1~2
    第7章 [Node利用] レンダラー プロセス側のコード
      1~6
    後書き

    コイン2/9 (木) 09:59まで

    価格

    330(税込)

    300円 (+消費税30円)

  • 実用 レトロ風RPG フルスクラッチ開発 全コード

    レトロゲーム風RPGの全コードを掲載して解説した本です。HTML5+JavaScriptで、ライブラリを使わずにゼロから開発しています。サンプルとして『OheyaQuest』という、マップ自動生成タイプのRPGが付属します。

     実際に遊べるRPGを試しながら、その中身を確認できる技術書です。シンプルなコードなので理解しやすいです。

     サンプルゲーム『OheyaQuest』の紹介もします。広いマップを自由に旅して、街を回ってアイテムや呪文を集めます。最後は城に行き、闇の王を倒すとクリアです。10分ほどで遊べます。

     本書を通して、ゲーム開発の勘所をつかんでいただければと思います。

    -目次-

    前書き
    第1章 全体像
      1-1 作るRPGの仕様
      1-2 ファイル構造
      1-3 大まかな分類
      1-4 js-game/nest.js
      1-5 シーンのファイルの構造
    第2章 HTML、CSS、main.js他
    第3章 ゲーム基本関数
    第4章 リソース管理関数
    第5章 タイトル シーン
    第6章 マップ シーン
    第7章 イベント シーン
    第8章 バトル シーン
    後書き

    コイン2/9 (木) 09:59まで

    価格

    1,100(税込)

    1,000円 (+消費税100円)

  • 実用 HTML5とJavaScriptで作る 落ち物パズルゲーム 全コード

    『テトリス』や『ぷよぷよ』に類似した落ち物パズルゲームの全コードを掲載して解説した本です。HTML5+JavaScriptで、フルスクラッチで開発しています。サンプルとして『Cthulhu Drop』という、落ち物パズルゲームが付属します。

     実際に遊べる落ち物パズルゲームを試しながら、その中身を確認できる技術書です。シンプルなコードなので理解しやすいです。

     サンプルゲーム『Cthulhu Drop』の紹介もします。横2列、縦1~3列のブロックが落ちてきます。落下物は時計回り、反時計回りに回転できます。

     落下後、重力に従ってブロックは落下します。そして、縦横斜めに3ブロック以上連続していると消去できます。また、消えたブロックに隣接する同種のブロックも消滅します。連鎖が終了するまで、消え続けます。

     本書を通して、ゲーム開発の勘所をつかんでいただければと思います。

    -目次-

    前書き
    第1章 全体像
      1-1 作る「落ち物パズルゲーム」の仕様
      1-2 キー操作
      1-3 ファイル構造
      1-4 大まかな分類
      1-5 js-game/nest.js
      1-6 シーンのファイルの構造
    第2章 HTML、CSS、main.js他
    第3章 タイトル シーン
    第4章 ドロップ シーン
    第5章 描画処理
    第6章 ゲーム処理
    第7章 ゲーム基本関数
    第8章 リソース管理関数
    後書き

    コイン2/9 (木) 09:59まで

    価格

    1,100(税込)

    1,000円 (+消費税100円)

  • 実用 JavaScriptでリバーシゲームをつくろう

    ライブラリを使わずに、全てのコードを書いて、リバーシゲームを作り上げるところまでを徹底解説した本です。コードの全ての行を解説しています。大ボリュームで徹底的に解説します。

    サンプルとして実際に遊べるリバーシゲームが付属します。プログラミング言語はJavaScriptですが、低レベルな命令から作り、ゲームを完成させるまでの作業は、他のプログラミング言語にも応用できます。

    ゲームのプログラムには、簡単なアニメーションによるエフェクトが入っており、簡易な思考アルゴリズムも実装しています。

    本書を通して、ゲーム開発の勘所をつかんでいただければと思います。

    -目次-

    序章 はじめに
    第1章 イントロダクション
    第2章 リバーシゲームの構造
    第3章 ◆◆ 基本処理を作る ◆ ◆
    第4章 キャンバスの初期化
    第5章 game.coreその他
    第6章 画像の読み込みと管理
    第7章 フォントの読み込み
    第8章 サウンドの読み込み
    第9章 アニメーションの管理
    第10章 UIの管理
    第11章 画像の縮小
    第12章 ◆◆ リバーシの描画を作る ◆◆
    第13章 背景の描画
    第14章 盤面の描画
    第15章 石の描画
    第16章 スコアの描画
    第17章 手番プレイヤーの描画
    第18章 描画キャッシュの作成
    第19章 エフェクト
    第20章 盤面クリック
    第21章 ◆◆ ゲームを作る ◆◆
    第22章 ゲームの初期化
    第23章 リバーシゲームのシステム
    第24章 ゲームの進行
    第25章 COMの思考
    第26章 終わりに

    コイン2/9 (木) 09:59まで

    価格

    1,980(税込)

    1,800円 (+消費税180円)

  • 実用 HTML5とJavaScriptで作る 落ち物パズルゲーム 全コード

    タワーディフェンス ゲームの全コードを掲載して解説した本です。HTML5+JavaScriptで、ライブラリを使わずに開発しています。サンプルとして『Defense++』と『アマビエディフェンス』という、2本のタワーディフェンス ゲームが付属します。

     実際に遊べるタワーディフェンス ゲームを試しながら、その中身を確認できる技術書です。シンプルなコードなので理解しやすいです。

     本書を通して、ゲーム開発の勘所をつかんでいただければと思います。


    -目次-

    前書き
    第1章 全体像
      1-1 作る「タワーディフェンス」の仕様
      1-2 大まかな分類
      1-3 js-game/utl.js
    第2章 HTML、CSS、main.js他
    第3章 タイトル シーン
    第4章 ディフェンス シーン
    第5章 ゲーム処理
      5-1 Defense
      5-2 Enemy
      5-3 Tower
      5-4 Bullet
    第6章 描画処理
      6-1 基本
      6-2 Enemy, Tower, Bullet
    第7章 ゲーム基本関数
    第8章 リソース管理関数
    後書き

    コイン2/9 (木) 09:59まで

    価格

    1,100(税込)

    1,000円 (+消費税100円)

付与コインの内訳

120コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    0%

  • コインUPキャンペーン

    40%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「ARToolKitを使わずにARマーカーの認識をフルスクラッチで作る方法」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報