セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

3/27ゲリラコイン最大55倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

日本の空はこう変わる

日本の空はこう変わる-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

杉浦一機
ジャンル
新書
レーベル
交通新聞社新書
シリーズ
日本の空はこう変わる
出版社名
交通新聞社
配信開始日
2016年09月23日
ページ概数
291 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

1978年、米国に端を発した航空自由化の流れは「世界の空」を大きく変えた。運賃やサービスの多様化、相次ぐ企業の合併・倒産とLCC(格安航空会社)の台頭、新興国における巨大空港の出現やエアラインの急成長など。そして今、世界に遅れをとっていた「日本の空」も急速に変化している。新生JALとANAの攻防は新たなステージに入り、本邦LCC3社は正念場を迎える。羽田の国際化、関空・伊丹の経営統合など、空港を取り巻く情勢からも目が離せない。利用者サイドに立った評論で定評のある著者が、日本と世界の「空」の今、そして将来を詳しく、分かりやすく解説する。杉浦一機(すぎうらかずき)1947年生まれ。航空アナリスト。首都大学東京客員教授。利用者サイドに立ったユニークな評論をモットーに活躍中。東京都や成田市の航空及び空港問題の委員会委員などを歴任。著書に『生まれ変わる首都圏の空港』(交通新聞社)、『間違いだらけのLCC選び』『JAL再建の行方』『みどりの窓口を支える「マルス」の謎』(草思社)、『エアライン敗戦』(中央公論新社)、『B787に懸けるANAの野望』『「100空港時代」を生き残れ』『航空運賃のカラクリ』『激動!JAL vs ANA』(中央書院)、『劇安エアラインの時代』(平凡社新書)、など多数。

これもおすすめ! ( / )

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
サクッと読める「財務諸表」入門 会...

100円(+税)

吉田延史/吉田亜由美

impress QuickBooks

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
50歳からのおカネ―週刊東洋経済e...

200円(+税)

週刊東洋経済編集部

週刊東洋経済eビジネス新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の...

700円(+税)

野澤千絵

講談社現代新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
er-ラブホスタッフ上野さんの人生...

185円(+税)

上野

eロマンス新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
すべての教育は「洗脳」である~21...

740円(+税)

堀江貴文

光文社新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
儒教に支配された中国人と韓国人の悲...

700円(+税)

ケント・ギルバート

講談社+α新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
フィリピンパブ嬢の社会学

780円(+税)

中島弘象

新潮新書

コインUP

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
キリスト教神学で読みとく共産主義

920円(+税)

佐藤優

光文社新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
日本の空はこう変わる

700円(+税)

杉浦一機

交通新聞社新書

コインUPキャンペーン対象商品
価格
700円 (+税)
756円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら245コイン(※)
7 + 238コインUP
2017/03/28 11:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
400 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです