セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

コインUP

電子書籍(デジタルコンテンツ)

金眼の黒狼と月下の戦姫 下

金眼の黒狼と月下の戦姫 下-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

ナリーニ・シン
訳者
藤井喜美枝
ジャンル
文芸
海外文学
レーベル
扶桑社BOOKSロマンス
シリーズ
金眼の黒狼と月下の戦姫(扶桑社BOOKSロマンス)
出版社名
扶桑社
配信開始日
2016年03月17日
ページ概数
335 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

アドリアに強く惹かれながらも、リアズは“伴侶”である女性への裏切りに等しい自分の衝動を容易には認めることができなかった。それでも互いに求め合う二人は、まず親密な“肌でふれあう特権”を共有する関係を築こうとする。そんな折、不安定さを増す“サイネット”で暗躍する“純粋なるサイ”たちが恐るべき事態を引き起こす。危機を前にして狼たちの下す決断とは?リアズとアドリアの物語と並行して、“伴侶”となったホークとシェンナの愛情あふれる日々をも活写。巻末には特別短編を収録!

「金眼の黒狼と月下の戦姫(扶桑社B...」シリーズ ( 2 冊 ) ( / )

全巻カートに入れる

シリーズ作品一覧へ

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
金眼の黒狼と月下の戦姫 上

650円(+税)

ナリーニ・シン/藤井喜美枝

扶桑社BOOKSロマンス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
金眼の黒狼と月下の戦姫 下

650円(+税)

ナリーニ・シン/藤井喜美枝

扶桑社BOOKSロマンス

これもおすすめ! ( / )

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
藍色の瞳の女神と戯れて

900円(+税)

ナリーニ・シン/藤井喜美枝

扶桑社BOOKSロマンス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
夜だけの誘惑

600円(+税)

ナリーニ・シン/仁嶋いずる

ハーレクイン・ディザイア

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
遠き記憶が輝くとき

857円(+税)

ナリーニ・シン/藤井喜美枝

扶桑社BOOKSロマンス

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
黒曜石の心と真夜中の瞳(上)

650円(+税)

ナリーニ・シン/河井直子

扶桑社BOOKSロマンス

コインUP

マンガ

  • Check!
  • カートに入れる
異国の薔薇マンガ

500円(+税)

ナリーニ・シン/浜口奈津子

ハーレクインコミックス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
雪の狼と紅蓮の宝玉(下)

650円(+税)

ナリーニ・シン/河井直子

扶桑社BOOKSロマンス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
裁きの剣と氷獄の乙女

900円(+税)

ナリーニ・シン/河井直子

扶桑社BOOKSロマンス

コインUP

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
燃える刻印を押されて

857円(+税)

ナリーニ・シン/河井直子

扶桑社BOOKSロマンス

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

コインUP

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
金眼の黒狼と月下の戦姫 下

650円(+税)

ナリーニ・シン/藤井喜美枝

扶桑社BOOKSロマンス

コインUPキャンペーン対象商品
価格
650円 (+税)
702円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン今なら194コイン(※)
6 + 188コインUP
2016/12/12 09:59まで
新規会員限定!今なら300コイン利用で
350 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです