セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

魂の退社―会社を辞めるということ。

魂の退社―会社を辞めるということ。-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

稲垣えみ子
ジャンル
文芸
レーベル
――
シリーズ
魂の退社―会社を辞めるということ。
出版社名
東洋経済新報社
配信開始日
2016年06月10日
ページ概数
161 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

「まっとうに会社で働く人が日本を支えている。それは本当にそうだと思う。 しかし、会社で働いていない人だって日本を支えている。自営業の人たち、フリーランスで働く人たちは言うまでもない。 さらに、お金を稼いでいない人たち、たとえば専業主婦、仕事をやめた高齢者、何かの事情で働けない人、子どもだって、みんな日本を支えているんじゃないだろうか? 食事をつくる、掃除をする、孫と遊ぶ、何かを買う、近所の人にあいさつをする、だれかと友達になる、だれかに笑顔を見せる――世の中とは要するに「支え合い」である。 必ずしもお金が仲介しなくたって、支え合うことさえできればそこそこに生きていくことができるはずだ。 しかし会社で働いていると、そんなことは忘れてしまう。毎月給料が振り込まれることに慣れてしまうと、知らず知らずのうちに、まずお金を稼がなければ何も始められないかのように思い込み始める。 そして、高給をもらっている人間がエラいかのようにも思い始める。 だから、会社で働いていると、どうしても「もっと給料よこせ」という感覚になる。これは、どんな高給をもらっていても同じである。(中略) しかし私は、もうその争いに意味を感じなくなってしまった」(プロローグより) そういう著者が選択したのは、会社を辞め、電気代200円で暮らす清貧生活だった。しかし、著者はかつてないほど希望に満ちていると書く。日々が何より新しい。それは「お金」や「会社」から自由になったことで得たものだ。会社とは、お金とは、人生とは何かを問う。笑って泣けて考えさせられて最後に元気が出る本!

これもおすすめ! ( / )

実用

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
アフロ記者が記者として書いてきたこ...

1000円(+税)

稲垣えみ子

――

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
没落予定なので、鍛冶職人を目指す ...

1200円(+税)

CK/かわく

カドカワBOOKS

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説 君の名は。

560円(+税)

新海誠

角川文庫

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
悲衛伝

1300円(+税)

西尾維新

講談社ノベルス

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
下町ロケット

日本国内のみ販売

池井戸潤

――

NEW!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
  • めがイラスト
職業無職の俺が冒険者を目指すワケ。...

1200円(+税)

スフレ/猫猫猫

カドカワBOOKS

オトク!!

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
終物語 (中)

1050円(+税) (01/26まで)

西尾維新/VOFAN

講談社BOX

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
小説屋sari-sari 2016...

100円(+税)

小説屋sari-sari編集部編

小説屋sari-sari

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

文芸

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
魂の退社―会社を辞めるということ。

1400円(+税)

稲垣えみ子

――

価格
1400円 (+税)
1512円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:14コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
1100 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ページ先頭へ

    本文の終わりです